SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

常温水は絶対か?

目的や体調によって異なる最適な水の温度

今年は梅雨だというのに30度を超える日々が雨の日以外は続いています。
史上最高だった昨年の気温を現時点で毎月上回っているので、NASAが『史上最も暑い年』と言っているのも頷けます。
そんなことが理由でもないでしょうが、外来で慌ただしい午前中にフジテレビから電話取材の申し込みがありました。

〝なんなのかなあ?〟
そう思って電話に出ると、〝常温水と冷水の利点と欠点について意見を聴きたい〟とのこと。
〝なんで私なの?〟
と思いましたが、そう言えば以前、常温水と冷水について書いていたことを思い出しました。
詳細はメールで、期限は本日午後3時くらいまで!
結構、厳しい条件ですが、テレビ局の取材はだいたいいつも慌ただしいものです。

というわけで、診療の合間に以前の原稿をもとにこんな回答を作成しました。
あらかじめお断りしますが、摂取する水の温度については様々な考えがあります。
これはあくまでも私の私見で絶対ではありません。
でも、可能な限り科学的に書いてみました。
質問事項の一部
 1)「冷たい」の利点、特徴
 2)「常温」の利点、特徴
回答の一部
 1)冷水(5度〜10度)
  ・吸収がよい
   冷たい水が胃壁を刺激し、ガストリンを分泌させる。それにより胃の動きが活発になり、小腸で早く吸収される。同様の理由で、便通もよくなる(下痢することもある)。
  ・代謝が活発になる
   冷たいものを体の中に入れると、それを取り戻す(暖める)ために代謝が活発になる。
   具体的には10度の水を36度の体温にあげるには26度暖めなければならない。
   1ccの水を1度上げるには1cal必要なので、100mlの水を26度上げるためには2600cal必要。
   500ccであれば13000calすなわち13Kcal必要になり、その分代謝が活発になる。
   これは70際の女性の10分間の歩行に相当する。
  *一見良さそうだが、逆に言えば冷たい水を飲んだだけ、そのぶん消耗する。
 1)常温水(水道の水の温度) 
  ・体を冷やさない
  ・胃腸に優しい(胃腸の動きが活発になるわけではない、刺激が少ないということ)
  *一見良さそうだが、体を冷やさないということは逆に言えば代謝は活発にはならない。
   また胃腸に優しいということは胃腸の動きは活発にはならないので、水の吸収は遅れる。
常温水は絶対か?_b0102247_22380677.jpg
けっこう面白いでしょう?
念のために常温水で検索してみましたが、やっぱり意見は二つに分かれるようです。
ただ大切なことは、常温水は絶対ではないこと、利点と欠点があることを理解することです。

ものごとに絶対はないことをお忘れ無く!




by ccr-net | 2016-06-27 22:40 | 健康

深部静脈血栓症に注意

まだ油断できないエコノミークラス症候群

震災から2ヶ月以上経過し、最近ではエコノミークラス症候群の報道もほとんどみなくなりました。
けれども、まだまだ油断できないのがこの原因となる深部静脈血栓症です。
6月14日、熊本地震でのDVT(静脈血栓塞栓症)検診結果がでました。

震災後のDVT調査については、福島県立医科大学のもの(参照)がとてもしっかりしていますが、
今回の熊本版も母数も多く素晴らしいです。
深部静脈血栓の発生率も9.1%と福島の研究と大差有りません。
ただ、今回の発表では福島の研究でハイリスクに上げられた、①悪性腫瘍②ホルモン剤の使用が結論には出ていません。
また、当然のことだから省かれているのでしょうが、福島研究でハイリスクの上位に上げられた①長時間の座位②長時間の臥位が項目ととして省かれており、3番目であった③車中泊が前面に出ているのが気になります。
まだ、中間報告ですので、今後の発表では変わってくるのかもしれません。
深部静脈血栓症に注意_b0102247_23094994.jpg
今回の熊本の発表が素晴らしいのは幾つもの医療機関が協力し組織的におこなわれていること、母数が2023人と多いことです。
これに加えて昨日・今日とおこなわれていますので、更に素晴らしい結果になってくるでしょう。

深部静脈血栓の発生率が9.1%というのは10人に一人は血栓症を起こしている可能性があるということです。
くれぐれも、ご用心を!!




by ccr-net | 2016-06-19 23:11 | 熊本地震

震災後2ヶ月を考える

すぐそこにある被災地

早いもので震災後2ヶ月が経過しました。
一見何事もなかったかのように、市内の店舗には物が溢れています。
水道の蛇口を捻ると水が流れ、
ガスは普通に着火し、
強い余震で目を覚ますこともありません。

平凡な日常が
流れているのです。

でも、
震災の爪痕は大きく残っています。
震災後しばらくボランティア活動をしていた公民館には
まだ家が全壊の方々が避難しています。
家にいるのが怖いという子供たちのために、
車中生活を送っているご家族もいます。
収入の道が断たれた方もいます。

ニュースで報道される益城だけが被災地ではないのです。

今日は久しぶりに取材のためのビデオ撮影を受けました。
バックが明るい方がいいということで、2FのSTUDIOを使用しました。
この部屋には、まだ震災の名残があります。
30名収容のセミナー室ですがテーブルは半分片付けられ、
そこに震災時の支援物資が積まれています。
一時期、クリニックの災害支援センターとなっていたリハビリテーションセンターから移動してきたものです。
ここに積まれた物資を見るたびに、震災直後の混乱とボランティア活動に動いた日々を思い出します。
慌ただしい日々でした。

そして、
時々思うのです。
今、こんなに安閑としていていいのかと・・・

でも震災時、震災後の支援活動は、ボランティア活動だけではありません。
私たちが日々生活し、働き、生きていく・・・
それもこの地域での個々の支援活動なのだと思います。

私たちは医療者ですから
日々の医療行為や、院外活動で行動することもそうした役割があるのです。

マスコミで報道されるような被災地で派手に活動することだけがボランティアではないのです。

もちろん、益城のような甚大な被害を被った地区と、そうでない地区とは違います。
でも、身近なところに、すぐ私たちの横に被災地はあるのです。
当たり前のことが当たり前にできる、
そうした平凡な日常がそうした現実をともすれば忘れさせてしまうのです。

最近は、遠方へ避難されていた方々が毎日数名クリニックに戻ってこられるようになりました。
でも、その中の半分くらいは家が全半壊した方です。
熊本市の中心部でも、これが現実なのです。

私たちは忘れてはいけません。
被災地が私たちのいる今この場所にあることを。

なんてことを言いながら、私自身日々の生活に追われています。
でも医療者であることは忘れてはいません。
震災後のこの時期にしなければいけないことも・・・

震災から2ヶ月、こんなことを考えてみました。
さて、なにができるでしょう。




by ccr-net | 2016-06-14 22:50 | 熊本地震

あなたの参加がキラキラを生む

大切なのは笑顔と余裕

最近のクリニックは少しゆとりがあります。
勿論、震災の影響で患者さんが減っているというのもありますが、それ以外に大きな理由が二つあります。
それは4月に着任した大塚豊先生が仕事に慣れてきたこと、
もう一つはナースが十分な数がいることです。

でもクラークは相変わらずの戦力不足、あと1名の補充ができません。
育休に入っている1名を除き
最低1名クラークが増えれば、クリニックは万全の体制になります。

あちらが増えればこちらが足りない・・・
なかなか難しいものです。

話をナースに戻しましょう。
現在クリニックには11名のナースがいます。
内1名は病気療養中ですので、実質は10名。
8名が常勤、2名が非常勤、全員が正看護師です。
また8名の常勤の内、2名が保健師です。
無床診療所としては、異例の多さです。
でも、朝のピーク時は全員がフルで動いています。
私にとって好きな時間です。

彼女たちは私にとって
目であり
耳であり
口であり
手足であり
頭脳です。

ナースがいて初めて
多くの患者さんをきちんと診ることができているのです。

一時期、
この大切なナースが常勤4名非常勤3名まで落ち込んだ時期がありました。
でもなんとかやってきました。
今は常勤8名
贅沢ですね!
でもかつての大変な時期を知っているので、
誰かが急に辞めることがあっても大丈夫な数を揃えているのです。
だって、人は急にはみつかりませんから・・・

例えば保健師、
一人は9月からの産休がすでに決まっています。
その後、育休に入りますから1年はいなくなります。

また伴侶の方の転勤だってあります。
一寸先はわかりません・・・
だから余裕が必要なのです。

6月1日
また新しい仲間が加わりました。
キラキラ輝く若い保健師です。

このキラキラが、
新しい息吹を
輝きを
クリニックに与えてくれるのです。

震災を経て私たちのクリニックはまたひとつ強くなりました。

ようこそ、
せんだメディカルクリニックへ!





by ccr-net | 2016-06-06 22:31 | CLINIC
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30