SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本の医療はどこへ行くのか?

何を優先するのか、それが大事!

先日ご報告したハワイのストラウブ総合病院に緊急入院となった方が、先週金曜日に来院されました。
大きな麻痺もありませんが、硬膜下出血ですので基幹病院の脳神経内科の信頼できる先生を受診して頂くように予約を入れさせていただきました。
とうことで、ハワイでの3日間の入院。
入院中は個室使用し、検査はCT3回、XP6枚、内服・注射などのmedicationはありません。
この入院治療費、なんと300万円です。

保険がなければとても払えない金額!

判ってはいたものの、米国の医療費の高さ(日本の医療費の低額さ!)をあらためて実感しました。
それよりも驚いたのは、持参された資料の内容のなさ!
実際の患者記録(パーソナル・レコード)は3枚、但し診断名と禁止事項のみ。
救急搬送時の記録は勿論、入院中のvital signや神経所見は皆無、
本来あるべきradioligist(放射線科医)の読影記録もありません。

膨大なイメージデータの記録されたDVDとあとは
「個室契約したからお金払ってね!」
「私たち医療スタッフは全力を尽くしたからね!」
「睡眠導入剤は駄目だから、メラトニン使ってね!」
という十数枚におよぶ記録と硬膜下出血とCT検査の定型説明文書でした。

医師への紹介状は勿論、患者に渡すパーソナルレコードとしても不十分です。
ご本人もホスピタリティーがなってないと憤慨されていましたが、そのくらい日本の医療制度は凄いのです。
大切なのは救命と治療、当たり前ですがそれが米国の医療のすべてです。
日本を超える病院のホスピタリティーは、おそらく東南アジアのメディカル・ツーリズムくらいでしょう。

ということで、「先生、日本の医療の素晴らしさを宣伝してくださいね!!」と、強く推しておきました。

b0102247_22473511.jpg


それから数日経った今日、名古屋の日本靴医学会のシンポジウムでその自信は揺らぎました。
整形靴マイスターの3人のドイツ人の方々のセッションでしたが、以前からの問題点が明らかになりました。
それは、日本の医療の閉鎖性と技術や経験に対する敬意の欠如です。
日本では(米国でも同様ですが)、外国での様々な医療資格は認められていません。
素晴らしい足病医の泉先生が、医療者としては医療機関で活躍できないのも同様です。
また、高度な技術や経験に対する対価(フィー)がありません。
従って、日本では多くの義肢装具士がドイツのマイスターにかないません。
だって、教育制度も経験も比較になりませんから・・・

本来こうしたところに今後医療保険での評価が必要だと思いますが、現在の縮小医療では難しいでしょう。

無駄なものは切る、
必要なところには投下する。
そうした選別が、今後の医療経済には必要なのです。


入院でのホテルコスト(最低でも食費!)の負担、
それって医療保険の対象でしょうか?
もういちど考えてみませんか・・・


にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-11-22 22:47 | 医療 | Trackback

海外旅行に必要なもの

土曜日の朝は緊急連絡から

先週土曜日の朝の外来は、一本の国際電話で始まりました。
かかってきたのはハワイのストラウブ総合病院の日本語センター。
かかりつけの患者さんが、ホノルルで倒れ救急搬送されての連絡です。
電話の向こうは日本語センターの通訳の方。

患者さんの病名は急性硬膜外血腫、幸い小さなもので大事には至らないとのことです。
既往歴と内服薬、特にワーファリンなどの薬剤投与の有無を尋ねられました。
担当医は米国籍で日本語は全く通じません。

この患者さんは、大きな肺の手術を過去に受けておられますが、今回渡航に際して最近受けた軽手術(鎖骨骨接合術:プレート固定)に関して私が英文のMedical Certificateを作成し携帯していただいていました。
それをみて当院に連絡いただいたようです。
大まかな病態と内服を口頭でお伝えし、あとは英文のMedical Certificateを作成し、他院での肺の手術記録と共に、国際FAXしました。
この間、1時間!
朝の外来はちょっとした混乱状態です。

今回の件で、気づいたこと。
旅行に際しては可能であれば、英文の投薬内容と既往歴のMedical Certificateをかかりつけ医に作成して貰い携帯しましょう。
Medical Certificateの作成方法は用途別に決まりがあります。
私の場合は旅行医学をしているので、英文のMedical Certificateを時々作成します。
勿論、ちゃんとしたお手本をもとに作成しています。
お手本は「実例による英文診断書・医療書類の書き方」を使用しています。
Amazonですぐに購入できますので、気になる方はいかがでしょうか?
b0102247_21362974.jpg

その後、ストラウブ総合病院からは連絡がありませんので、おそらく無事回復されたものと思います。
それにしても、便利な世の中になりました。
23年前に下の娘が生後7ヶ月で病気になった時、
ホテルから紹介して頂いたところは全く日本語が通じず全て英語でした。

ハワイ、恐るべし!!

ということで、ハワイで病気になったらストラウブ総合病院へ行きましょう!

余談ですが、ちょうどストラウブ総合病院から連絡があったとき、
その患者さんの奥様は私たちのクリニックにいらっしゃっていました。
旅行会社からの連絡より私からの連絡が先になり、ちょっとした驚きです。
巡り合わせって不思議ですね。



にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-11-17 21:39 | 医療 | Trackback

母の思い出

母の笑顔は永遠に

昨日11月12日は母の命日だった。
早いものでもう34年になる。
大腸癌が中脳に転移し、1年間の在宅での半昏睡状態から眠るように逝った。

母は東京生まれの東京育ちである。
東京府立第三高等女学校(麻布の三女)を卒業し、
戦時下に富山に疎開、魚津の測候所に女性気象官として勤務した。
終戦翌年の正月、日本カーバイトに勤めていた祖父が急性肺炎で急逝し、
祖母と二人の妹と共に祖父の実家のある福岡県大牟田市に食料疎開した。

祖母と三姉妹の女ばかりの4人で始めたのが、実家の土地のあった栄町駅前の菓子店兼喫茶店である。
何も経験のないサラリーマンの家庭の女たちがよく出来たものだと思うが、それがこの時代なのだろう。

三姉妹は駅前の美人三姉妹として有名だったそうだ。
多分当時珍しかった東京返りの三姉妹だったので、そう言われたのだろう。
その三姉妹の店に足繁く通い、母と結婚したのが父である。
当然、三姉妹なので養子であるが、たいそう大切にされたと父が生前話していたのを覚えている。

私自身の母の記憶は、5才くらいからしかない。
優しい母だったが、時々子供にとっては理不尽なくらい厳しかった。
いや、厳しかったのは祖母かもしれない、初めての男の子だったので自然とそうなったのだろう。

幼い頃、毎夜枕元で母は子守歌を歌ってくれた。
ブラームスから五木の子守歌まで・・・
幾つもの唄を、耳元で歌ってくれた。
おかげで、今も私の子守歌のレパートリーは広い。

そんな母を私は何度か泣かせた。
けっして悪い子ではなかったと思うが、よい子であることに疲れると時々私は暴走した。
よく覚えているのは、大学受験の時、当然進学するはずの大学へ進学せず、慶応大学に進学したときだ。
今、思えば本当に幼稚な反抗なのだが、当時の私は屁理屈をこねて親を困らせた。

「お母様は、僕が慶應に行ったので嬉しくないのでしょう」

そう見栄を切った私の顔を見て、母は黙って涙をこぼした。
実際に受験につきあってくれたのは母なのだから、本当にひどい息子だったと思う。

そんな母が心から喜んでくれた時がある。
熊本大学医学部に転身し、自宅の大牟田から1年間熊本に通学したときだ。
母は、毎日ニコニコし、私にこう言った。

「治道さんが、帰ってきてくれて本当に嬉しい」

早朝にいそいそと朝食を作り、私を見送った。
幸せな1年間だった。
そのうち、母は病気になり、手術を受け、闘病のあと旅だって逝った。

人生は不公平だ。
親不孝の私が、孝行娘の母の歳を超え、のうのうと生きている。
いや、すでに父の歳も超えてしまった。

でも、たった一ついいことがある。
私の中の母はいつだって、笑顔で私を見送った若い母のままだ。

お母さま、本当にお世話になりました。



にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-11-13 23:22 | その他 | Trackback

足を巡る冒険 再び

出会いはいつも突然に!

先週水曜日、定例のフットケア特別外来でのフットケアセラピスト鶴田さんとの会話。

「そう言えば先生、熊本に〝くつロジ〟という信頼できる靴屋さんが出来たみたいですよ!」
「誰からの情報?」
「小倉第一病院の中村先生情報です」
「え、何繋がり?」
「えーと、西田さん繋がりみたいです。」と尾方ナース。

西田さんはJTFAの会長でフットケアナースの先駆け、今でも中心的存在です。
久留米の石橋さんとはまた違った方向で、足の世界に寄与されています。
その西田さんが前述の小倉第一病院のフットケア指導に入られたというニュースは聞いていました。

「なるほど!じゃあ、信頼性あるよね。早速行ってみる!!」
「え?もうですか?!」


自分の目と耳で確かめてみないと信頼しない私は、すぐに〝くつロジ〟に連絡。
一面識もない私の電話を店主の廣田さんは、快く受け入れてくださり、早速土曜日にお店へ!!

あいにく土曜日は夕方から小雨、妻と二人で車に乗り〝くつロジ〟へ出かけました。

b0102247_20272599.jpg

b0102247_20283293.jpg


モダンで素敵な空間です。
シューズはドイツのフィンコンフォートを中心にオランダのドゥレアやオーストリアなどがあります。
とりあえずコンフォート系を中心に、嬉しいことに女性用に加え男性用も!
できれば、今後お洒落系ももっとあればいいなあ・・・と思いました。

インソールは既存の手直しからフルオーダーまで、カウンター向こうのグラインダーが輝いています。
ご近所の方の靴の直しや、スポーツシューズのインソールまで・・・
これがご近所であればもっとよいのですが、お店のある月出は私のクリニックから車で30分、
少しだけ遠いかなあ。

b0102247_20433940.jpg


店主の廣田瑞穂さんと弟さんです。
東京のナチュレルで長く修行されており、腕は折り紙付き!!


突然来訪した私たちと1時間もお話しして頂いて、本当に有り難うございました。
おかげで、一方的ですが信頼関係が結べたような気がします。
今度は、またシューズを購入に伺いますので宜しくお願いします。
(今回予定以上に時間がかかり購入なし)

また一人(いや二人)強力な仲間が増えたようです。

これだから、足を巡る冒険はやめられません。

あ、来店される方はこちらへ
くつロジ



にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-11-08 20:59 | フットケア | Trackback

夢を語ろう

夢があるから頑張れる

幼い頃は夢がいっぱいあったのに、いつの間にか消えてしまう・・・
そんな話をよく聞くが、
果たしてそうだろうか?

幼い頃にみた夢は、
ぼんやりとして、
まるで綿飴のようにふわふわして、
すぐに消えてしまうものだった。
でも、またすぐに別の夢が浮かんでくる。
そんなふうに、
消えては浮かぶ
儚く美しいものだったような気がする。

大人になると現実が見えるから、夢は消える・・・
果たしてそう?


夢は消えるのではなく、
みようとしないから見えないのだ。

夢がない世界、
それは私にとってつまらない世界

b0102247_23452.jpg


夢があるから、
今頑張れる。
夢があるから、明日がある。

もっと夢を語ろう。


友人や同僚、
恋人や夫婦そして子供たち、
夢を語れば、そこに希望が生まれる。

あなたの夢はなんですか?



にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-11-04 23:05 | その他 | Trackback
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30