SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

骨折患者はビタミンDが不足?!

意外と不足しているビタミンD

骨折したお子さんのお母様に『うちの子は栄養が悪いのでしょうか?』と訊かれることがあります。
『そんなことはないでしょう、でもカルシウムは摂ってね』と言っていましたが、そう単純ではないようです。
9月26日のヘルスデージャパンに出た
外傷性骨折患者にはビタミンD欠乏が多い
という記事は、ちょっとショッキングです。
外傷性骨折を起こした患者にビタミンD値の低下が多くみられることが、新たな研究により報告された。
ビタミンDは骨の損傷を修復するのに不可欠な成分であるため、ビタミンD値の低い患者は骨折がうまく治癒しないリスクが高い。
米ミズーリ大学の研究グループは、転倒や交通事故などの事象により外傷性骨折が生じた成人患者約900人のビタミンD値を調べた。その結果、男性の約79%、女性の約76%はビタミンDが推奨値を下回っており、女性の約40%、男性の約38%はビタミンD値に重度の低下がみられた。

『やっぱり、高齢になるとねえ・・・』

いえ、そうでは無く若い方の話なのです。
同大学整形外科准教授のBrett Crist氏は、「興味深い所見の1つは、整形外科的外傷のみられる患者には年齢に関わらずビタミンDの低下と欠乏がよくみられたことである。18~25歳の若年者では約55%にビタミンDの低下または著しい低下がみられ、29%は欠乏症だった」と述べている。
若年者の半数以上にビタミンDの低下がみられる・・・ちょっとショッキングですね。
これは、実は乳幼児の間では以前から問題になっていたことです。
岡山大学小児科の田中先生の研究を見てみましょう。
岡山大病院のアレルギー外来を訪れた乳幼児のうち、約70人を抽出して調べた結果、体内のビタミンDの指標となる血液中の「25水酸化D」の測定から1歳未満で約40%、1-2歳未満で約30%がビタミンDの欠乏状態の境目にあることが判明。

この原因は、妊婦・授乳婦の日光に当たる時間の短縮と過度の母乳依存と食物制限があるようです。
母乳は完全栄養食と思われていますが、実はビタミンDはほとんど入っていません。
京都大学による平成20年の調査では、『ビタミンD欠乏症を示唆する、頭蓋骨がへこむ症状がある新生児は5人に1人に上り、特に春に生まれた赤ちゃんが高かった。』となっています。
くる病の子供も増えているので、ちょっと問題ですね。

b0102247_13341993.jpg


あなたのビタミンDはどうでしょうか?
食事で摂取するのが困難な方は、ビタミンD製剤をお勧めします。
もちろん、ビタミン剤ですから合わない方もいらっしゃるので、くれぐれもご注意を・・・

ちなみに、朝から夜までクリニックで仕事をし外に出ない私は、ハイリスク群です。

ということで、来月から往診を昼間するようにしました。
さて、どうなるでしょう?




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-30 13:38 | 整形外科

理学療法士はアスリートの夢をみるか?

原田賢治38歳の挑戦はどこまで続く

以前、アスリートを診るのはアスリートというタイトルで、当院理学療法士の原田賢治を紹介しました。
彼は理学療法士でプロのウエイクボーダーですが、2008年Mastersワールドチャンピオン・2011年プロベテランズリーグチャンピオンという輝かしい記録の持ち主です。
その原田賢治ですが、今シーズンも頑張っています。

・ウェイクシリーズ第1戦 Mother Lake Biwa Cup       1位
・ウェイクシリーズ第2戦 The 10th Canal Festa Toyosu    2位
・ウェイクシリーズ第3戦 北海道ウェイクボードフェスティバル  1位
・ウェイクシリーズ第4戦 JAPAN CUP              5位

第4戦でちょっと失速しましたが、現在のツアーランキングは1位、
2位の猛追を受けており、事実上の二強対決となっています。
残る第5戦(最終戦)が楽しみですね。

スポーツリハビリテーションの世界は不思議なところです。
そうでないところも沢山ありますが、多くの施設でスポーツの現場を知らずに治療がおこなわれています。
勿論、基本的な事や共通のトレーニングは必須ですが、その競技の特性や個別の現場の理解が大切なのです。

現場感覚を持つこと、
現場へ出て行くこと、
そのどちらもが大切なのです。

b0102247_22454180.jpg


理学療法士がアスリートである必要はありません。

でも、アスリートの視点でリハビリテーションをおこなうと、そこには新たな世界が開けそうです。

リハビリテーションのイノベーションは、こんな所にもありそうです。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-26 22:49 | CLINIC

嬉しい出会いは京都から

林ハートクリニックにみる志と達成の素晴らしさ

昨日は京都よりはるばるお客様がみえました。
林ハートクリニックの林宏憲先生と心臓リハビリテーション指導士のお二人です。
ちょうど熊本で日本心臓病学会学術集会が開催されており、当院に来院されました。
『以前から見学に来るのが念願でした!』とのことで、嬉しいかぎりです。

林ハートクリニックは、心臓リハビリテーションに特化した全国でも珍しい無床診療所です。
林先生達の熱い想いが、通常考えられないような高いレベルでの心臓リハビリテーションを地域へ普通に(!)提供することを可能にしています。

そんなお二人がなぜ、私たちのクリニックに?

実は、せんだメディカルクリニックでも、心臓リハビリテーションはおこなっていないものの、CPXによる心肺機能評価をひっそりと(?)おこなっているのです。
また私たちの医療法人はCCR ( Clinical Care Rehabilitation)といいますが、これがCCR( Cardio Cerebral Resuscitation )と同じなので、林先生の目に止まったようですね。
ちなみに、CCR( Cardio Cerebral Resuscitation )は、CPR ( Cardio Pulmonary Resuscitation )における「pulmonary」に代わり 「cerebral( 脳 )」を 入 れ、心 停 止 か ら の 社会復帰を最終目的としています。
まさに、林先生達が目指すものですね。

林先生には、午前10時半〜午後2時半という長い時間クリニックにご滞在頂きました。
(これは、福田真平先生に次ぐ記録です。)
私は診療終了後の1時からでしたが、その間、クラークの栗原と妻がご案内やお話しをいたしました。
午後6時半から再度合流し、丁度関西からお招きしていた医療コンサルタントの『医療経営勉強会』に参加、その後、遅い夕食を共にし、なんと11時過ぎまでおつきあい頂きました。

お二人とお話しして感じたのは、その医療に賭ける想いの強さです。
誰もやらないことを、『必要だから!』と始め、それを実現する・・・
素晴らしいですね。

b0102247_20181688.jpg

*あまり一生懸命お話ししたので、写真を取り忘れました、残念!(写真は林クリニックです)

私たちのクリニックとは方向性は異なるけれど、
目指すものは同じ・・・

長いおつきあいになりそうです。

これからも、宜しくお願いします。


追記)林先生から、CCRは、Comprehensive Cardiac Rehabilitationの略であるとのご指摘を頂きました。
直ぐに救急医療の視点から見てしまう私の勘違いです。
申し訳ありませんでした。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-22 20:23 | 医療

スポーツリハはどこへいく

需要と供給の時間帯が一致しない不合理

昨日・今日と連休の影響も有り、クリニックは受診される方で一杯!
夏の暑さで来院できなかったお年寄りや、単に暑さが苦手な方が戻ってきました。
また、この時期になるとスポーツ外傷によるリハも増えてきます。
さて、今回の問題はこのスポーツ外傷の学生です。

学生ですから通常放課後の受診となるのですが、ことは簡単ではありません。
塾やスポーツ活動が入ってくるからです。
すると、クリニックの受診は6時前後に集中します。
当然セラピストが対応できる数には限界が有り、来院されても十分な治療をおこなえないこともあります。
またせっかく治療を始めても、塾や部活が優先され継続的な治療ができません。

では、どうしたらよいのでしょう?

答えは簡単、診療時間を延長すればよいのです。
8時まで常時診療をおこなえば、多くの問題は解決します。
でも、現状ではこれは不可能です。
なぜって・・・
診療時間が8時になれば、スタッフの帰宅は9時頃になります。
ね、現実的ではありませんよね。

さて、どうしたものでしょう・・・

解決策としては2つ!

1)もっと医療を優先して欲しい。スポーツ活動が出来ないのに見学だけで練習参加しても無意味。
  (これを強制している学校は多い)


2)いっそのこと、スポーツリハを医療から分離し別施設で9時までおこなう。

以前、優先度が間違っていませんか?でお話ししたように、この辺の意識改革は難しいようです。

そうすると別施設ということになるのですが、これはちょっと大変です。

b0102247_22255845.jpg


さてさて、困ったものです。

秋の夜長・・・

ゆっくり考えてみましょう。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-18 22:26 | 医療

休日当番医の憂鬱

痛いだけでは入院できない

昨日は休日当番医、朝9時〜夕方5時までの専門医療の回り持ち医です。
休みの日に病気で困ったら、取り敢えず応急処置的な専門的治療を受けることのできる医療機関です。
連休の中日で予想通り受診は少なく、35名の方が受診されました。

休日当番医というのは、日本ならではの制度で小回りのきくとてもよい制度です。
でも、ここ数年の医療政策の影響でいろんな所にひずみが出ています。

今回高齢の女性が、転倒され受診されました。
医学上は打撲で大怪我ではないのですが、もともと膝が悪く、今回の怪我で痛みのため歩けなくなりました。
さて、こうした場合、どうなるでしょう?

右下肢の疼痛があり、通常は松葉杖歩行ですが、高齢のためできません。
家では生活できないとなると、取り敢えず短期間の入院が必要になります。
平日ですと直ぐに入院調整(入院先を探す)のですが、これが休日ですとそうはいきません。

入院できる施設が基本的にないのです。

『そんなことは、ないでしょう!救急病院があるでしょう!?』

そう、当然そう思うのですが、休日の救急病院は重症患者で一杯!
重症でない方のベッドは基本的にありません。


と、そんなお話しをしながら、基幹病院の救急担当医に相談したのですが、予想通り断られました。
やっぱりね・・・
そう思いながら、ご家族に説明したのですが、
『この状態で家に帰っても動けないのにどうするればいいのですか!?』
と当然の声が・・・
結局二次救急の病院にお電話し、たまたま当直医がよく知っている優しい先生でしたので入院となりました。

この話、厚生労働省から見れば、
『ある程度動けて命に別状がないので、自宅安静後、必要があれば後日慢性期病院に入院』
ということになるのでしょうが、現場ではそうはいきません。

では、なぜこんなことになってしまったのでしょう?

昔、私が民間病院で当直していた頃は、普通にこうした方は入院になっていました。
基幹病院でさえ、必要があれば入院できましたし、
開業医の先生からの要望があれば入院できるベッドの余裕がありました。
でも、今は・・・

今回のことで、平日の夕方や夜間、休日や年末年始、
そうした時の軽傷者の入院施設の必要性を痛切に感じました。

こうした緊急避難的な入院を受け入れている病院が無いわけではありません。
ただ、常時入院が可能なわけもなく、普段からのネットワーク作りが重要になります。

この10年
軽傷者の緊急入院はかなり難しくなりました。
私たちは、嘆いても、文句を言っても仕方が無いので、現状で出来ることに全力をつくすしかありません。

でもね、現場は大変なんです。
行政に方針を変えろとはいいませんが、
せめて現行の医療の現状を、一般の方に広報して下さい。

この国の医療はどこに向かっていくのか・・・
それが正しい方向であることを、心から願っています。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-16 23:15 | 医療

世界に伝えるお・も・て・な・しの心

おもてなしの心を伝える滝川クリステルの素晴らしいスピーチ

2020年のオリンピック開催がTOKYOに決定した。
反対の方もいらっしゃるだろうが、心から嬉しく思った。
途中問題もあったが、結果として素晴らしい招致活動だった。
そして、最後のスピーチはみな素晴らしかった。
なかでも、滝川クリステルと佐藤真海選手のスピーチには心を打たれた。

b0102247_213858100.jpg

この写真の躍動感は素晴らしい
そして、滝川クリステルのスピーチ・・・
手を合わせる姿に批判もあるようだが、私は好きだ。



同時通訳版しかなくなったが、このスピーチは実は間が素晴らしい。
だから、本当はニュースで流れた字幕版が素敵だ。
勿論、フランス語はほとんど私も判らないので、訳を載せてみた
                (日本語訳:MSN産経ニュース)
東京は皆様をユニークにお迎えします。

日本語ではそれを「お・も・て・な・し」という一語で表現できます。

それは見返りを求めないホスピタリティの精神、

それは先祖代々受け継がれながら、

日本の超現代的な文化にも深く根付いています。

「おもてなし」という言葉は、

なぜ日本人が互いに助け合い、

お迎えするお客さまのことを大切にするかを示しています。


ひとつ簡単な例をご紹介しましょう。

もし皆様が東京で何かをなくしたならば、

ほぼ確実にそれは戻ってきます。

例え現金でも。

実際に昨年、現金3000万ドル以上が、

落し物として、東京の警察署に届けられました。

世界を旅する7万5000人の旅行者を対象としておこなった最近の調査によると、

東京は世界で最も安全な都市です。

この調査ではまた、東京は次の項目においても第1位の評価を受けました。

公共交通機関。

街中の清潔さ。

そして、タクシーの運転手の親切さにおいてもです。

あらゆる界隈で、これらの資産を目にするでしょう。

東洋の伝統的な文化。

そして最高級の西洋的なショッピングやレストランが、

世界で最もミシュランの星が多い街にあり、

全てが、未来的な都市の景観に組み込まれています。

私が働いているお台場は、

史上初の“ダウンタウン”ゲームズを目指すわれわれのビジョンの中心地でもあります。

それは都心に完全に融合し、文化、生活、スポーツがユニークに一体化します。

ファントレイル、ライブサイト、チケットを必要としないイベントが、

共有スペースにおいて多くの競技会場を結び、素晴らしい雰囲気を創り出します。

来訪者全てに生涯忘れ得ぬ思い出をお約束します。


お・も・て・な・し

すべての日本のサービスの基本

私の大好きな言葉・・・

あなたは、いかが?





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-09 21:54 | ホスピタリティー

あなたを変える一つの問いは、皆を変える

一つの言葉から広がる革命

私はコーチングという言葉が嫌いで、今まで全く食わず嫌いでした。
参照:wiki :コーチング

そんな私がハーバードビジネスレビューをwebでみていると、本日付の面白い記事が出ています。
たった1つの問いがあなたを変えるというこの記事はエグゼクティブ・コーチングの第一人者マーシャル・ゴールドスミス によるものです。

さて、食わず嫌いのコーチング、ちょっと覗いてみようと思って読み始めたのですが、これが面白い。
彼の友人であるナサニエル・ブランデンが考案したエクササイズについての話です。
テーブルを囲んで5~8人が座り、各人が自分の改善すべき行動や習慣を1つ特定する。1人がこう言って、エクササイズを開始する。「私がもっと上手に○○○できるようになれば・・・・・・」。その後に、その改善によって得られる効果を1つ挙げて、文章を完成させる。たとえば次のような具合だ。「私がもっと上手に異なる意見を受け入れられるようになれば、もっと良いアイデアを耳にすることができるだろう」
 全員がそれぞれの具体的な行動と効果を述べ終えたら、このプロセスを繰り返す。2巡目は同じ行動を改善することでもたらされる2つ目の効果について言及し、その次は3つ目、と続け、通常はこれを6~8巡目まで行う。最後に、参加者は各自が学んだこと、そしてエクササイズに対する各自の反応について話し合う。
ーー 中略 ーー
さて、今度はあなたが改善したい行動パターンを1つ選ぶ番だ。「私がもっと上手に○○○できるようになれば・・・・・・」を、何度も繰り返し完成させるのだ。潜在的な効果を述べる自分の声に、じっくりと耳を傾けよう。その改革が自分にとって価値のあるものかどうかを、驚くほどすぐに判断できるだろう。

このエクササイズの面白いところは、その行動の効果が次々に展開していき、潜在的なものを浮かび上がらせることです。

こうしていくとコーチングもちょっと面白いですね。

b0102247_223220.jpg


さて、こんどの金曜日の勉強会、このエクササイズを早速使ってみましょう。
勿論、へそ曲がりな私ですから、ちょっと変えてみます。
最初から、改善したい行動パターンを全員同じものにします。
効果は前の人と同じものになってはいけないことにします。

例えば、こんな感じです。

『私がもっと人に優しくなれば・・・』

『部下に人気が出る』
『周りの人が幸せになる』
『気持ちが良くなる』
『スムースに仕事がはこぶ』
『気持ちがだらける』 etc, etc ・・・

こうして同じ改善でも全く異なる答えが出てくることもあるでしょう。
これは、面白いことになりそうです。

さて、本番はどうでしょう。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-04 22:04 | その他
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30