SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

医療連携の次のステップ

新しい事にはいつもワクワク感が一杯!

今日は午後から1時間ほど高村看護師長と平成とうや病院に出かけました。
目的は、施設見学と新しい医療連携を構築するためです。
施設見学は兎も角、『新しい医療連携ってなあに?』と疑問の方も多いと思います。
病診連携や診診連携は当たり前、今更“新しい”って言われてもね・・・
そういう声が聞こえてきそうですが、でも“新しい”のです。

現在の病診連携システムはその多くが基幹病院と診療所・基幹病院と個人病院という形で成り立っています。
これは、もう20年ほど前からおこなわれていたことで、勿論私が基幹病院に在職中も行われていました。
そして在院日数の短縮化が始まり、クリティカルパスが広まり、連携パスも登場したのはご存じの通りです。

この過程で出来たのが2000年に創設された回復期リハビリテーションです。
急性期病院からの患者移行がよりスムースにおこなわれるように作られたこのシステムも10年が過ぎました。
この移行がスムースにおこなわれるという意味は、
言うまでも無く、より高機能のリハビリテーションを受けることができるということです。
これにはPT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語療法士)などの人的資源の投入が必要で、
例えば本日伺った平成とうや病院では105床に対して44名のリハビリテーションの専門スタッフがいます。
一方、国立病院機構熊本医療センターでは、550床に対してPT・OT併せて6名しかいません。
勿論、病院の目的が違うので当たり前なのですが、ことリハビリテーションについては勝負になりません。

今までの病診連携というのは、実はここの回復期リハビリテーションの部分が入っていませんでした。
診療所から基幹病院へ送り、あとは自宅へ退院するか、回復期へ転院するか、あまり考慮されていませんでした。
さて、このシステム、一見良さそうですが、実はちょっと不安です。

『この手術はA病院のB先生が上手だから、A病院に行きましょう』
そう医師から言われて、患者さんはA病院に行きます。
でも、その後の入院が必要になった場合、回復期リハの病院へ転院します。
勿論、執刀医のお勧めのはずですが、実は病床の都合で必ずしもそうとは限りません。
現在は基幹病院は『在院日数の短縮』という重い鎖があり、必ずしも患者優先とはならないこともあります。

さて、どうしましょう?

私たちは前より患者さんに入院→手術→転院→自宅退院(在宅)というパスウエイの提案をしてきました。
けれども、必ずしも思い通りにはならず、手がそこまで回らないこともよくありました。
今回の連携構築は、信頼できる回復期リハビリテーション施設と直接連携することで、
このクリニカル・パスウエイ全体を保証できるシステム構築をおこなうことにあります。
こうすることで、信頼できる執刀医→信頼できるリハ医→かかりつけ医・在宅医という一つの流れができます。

患者さんにとっては安心できるクリニカル・パスウエイが、
基幹病院にとっては在院日数の短縮が、
回復期リハビリテーション病院にとっては安心できる在宅復帰が可能となるのです。


けれどもそのためには、お互いの信頼関係、質の担保が必要になります。
すべての施設が医療の質の保証ができなければ、
こうした連携はあっという間に負の連鎖になってしまいます。

これからの医療の世界はより競争の厳しい世界になってきます。
その中で生き残って行くには、早く質の高い連携システムを構築することが必須です。
勿論、そのためには自施設の質の担保が必須ですが・・・。


医療連携の次のステップ_b0102247_23164847.jpg


より高い医療レベルを目指すこと、
よりよい医療を提供すること、
そのための、新しい第一歩が始まりました。

お忙しい中、時間を割いて頂いた、
森 孝志 院長、依光 茂太 副院長、山下 美智子 看護部長に大変感謝しています。


平成とうや病院、素晴らしい病院に発展しています。

さて、私たちも負けずにがんばらなくてはいけません。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-30 23:18 | CLINIC

聞き耳ずきんは何処にある?

話すことと伝えること

クリニックで毎朝おこなっていることの一つに朝のラインナップ(ミーティング)があります。
前日の情報を共有したり、今日の予定を話したり、世の中のトピックスを話したり、
短い時間ですが大切な時間です。

ただ、この時間、時々問題がでてきます。
それは内容では無くて、伝え方・・・
声が聞き取れないのです。

なぜ?
歳で耳が遠くなったから?
いえいえ、私の耳は地獄耳・・・小さな音も聞き逃しません。
じゃあ?
それは、話し手に伝える気持ちがないからです。

朝のラインアップの目的は情報の共有、
であれば言葉で皆にそれを伝えなければいけません。
単に話をする時とは、声のトーンや大きさを変えなければいけません。
もちろん、声の通る人、通らない人・・・
人様々ですが、
伝える気持ちがあれば、おのずと声は変わってきます。

普通の声では、
少し遠いと聞こえません
多くの人には伝わりません
だから声のトーンを変えるのです
それは、当たり前のことだと思っていたのに・・・



小さな声で話す人、

それを聴くには何がいる?

聞き耳ずきんは何処にある・・・




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-24 22:40 | CLINIC

芸術は退屈な仕事から?

逆はあるのか、この話

退屈な仕事をしていると、創造性が失われどんどんつまらない人間になっていきそうですが、
それとは全く異なる研究結果がでてきました。
ヘルスデージャパンに1月21日に掲載された退屈な仕事は創造性を高めるというこの記事は、従来の常識を覆すものです。
仕事中に退屈すると、夢想する時間が得られるため創造性が向上する、という可能性が2つの研究で示された。
第1の研究では、40人のボランティアに15分間、電話帳から番号を書き写す作業をさせた。この退屈な仕事を終えた後、2個の発砲スチロール製コップの異なる使いみちを考案するという課題を与えたところ、このグループでは、退屈な作業をしなかった40人のグループに比べ、高い創造性が認められたという。
第2の研究では、30人に15分間電話番号を書き写す作業をさせ、別の30人には単に電話番号を黙読する作業をさせた。その結果、番号を読むだけのグループは、番号を書いたグループよりも、コップの課題での創造性に優れていた。
このことから、何かを読む、会議に出席するなどの受動的で退屈な活動ほど、夢想する機会が多く得られ、その結果として創造性が向上することが示唆されると研究グループは述べている。この研究は英チェスターで開催された英国心理学会(BPS)会議で発表された。

ということは退屈な仕事をし、
ぼーとして夢想すると、
創造的な人間になる・・・
まさに夢見る少年の昼と夜ですね。

でもここで考えてみました!
退屈でない仕事をしていると、ぼんやりしている時間がなくなり、創造的で無くなるの?!


さしずめ、
毎日忙しく働き、
仕事が楽しい私は、創造性のかけらもない人間になりそうです。

芸術は退屈な仕事から?_b0102247_21574731.jpg


なあんて逆のことは書いてないので、大丈夫のようです。

でも取り敢えず、

一人診るたびに、

ちょっとぼんやり夢想してみる、

そんな仕事のやり方もよいようです。

でも、待ち時間が長くなりそうですね・・・




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-23 22:01 | 医療

まさかの友は真の友

困った時に判る人の判断と能力

月曜日の熊本の朝は曇り、その後雨となりましたが予報通りのスタートとなりました。
けれども予想と異なったのが今日のクリニックです。
診療開始後、電子カルテがダウンし波乱のスタート。
しかもクライアント(端末側)ではなくてサーバーダウン、シャットダウンさえ出来ない状態です。
これが個人のパソコンあるいはクライアントであれば、『えいや!』と電源コードを引っこ抜いてしまう力業が可能ですが、サーバーとなると場合によっては復旧も困難となるのでそんなことはできません。

ということで、早速紙カルテでの運用に移行しました。
こうしたシステムダウン時のカルテ運用は、普段からの取り決めが大事です。


1)会計作業は後日(レセコン分離型ですので算定可能ですが、間違った算定をするといけません)
2)運用はB5のカルテホルダーとB5用紙を用いる(一応、2号用紙形式になっています)
3)上記の臨時紙カルテにはIDとフルネームを明記する。
4)参照はカルテ・ビューワーを用いる(これについては後述)
5)処方箋は、レセコンから出力する(レセコン分離型ならではの力業!)
6)診療はコンパクトにおこなう(多くのことを要求しない、混乱しないためにはこれが必須です)
7)慌てない
8)復旧後は、速やかに通常診療に戻る(本日は2時間かかりました)
9)紙カルテに記載した内容・記憶は診療終了後、速やかに当日中に記載する(記憶が新鮮なうちが肝心)
10)数日中に検証をおこなう。原因と、対応の再検討(今回はカルテ・ビューワーの増設を決定)

この中に書きませんでしたが、後日お世話になったベンダーの方にお礼をすることを忘れないことも大切です。
本日は直ぐに対応して頂いた西日本メディカルの小川さんに、午後復旧後の安定運用の報告とお礼を言いました。
まさに最強の助っ人です。


今日はサーバーダウンの時点で、最悪サーバーのシステムクラッシュを想定しました。
システムクラッシュですと、再構築するには1日かかります。
幸いにも原因は外部に繋いだレイドシステムにあった(レイドシステムが停止していました)ので、レイドのリセットで復旧しました。
通常レイドシステムはHDDの故障に強いのが特徴ですが、そのケースそのものが停止しては意味がありません。
今回は、まさにそのケースでした。(PCに詳しくない方には訳の判らない話でもうしわけありません)

さて、私たちのクリニックには実はもう一人の強力な助っ人がいます。
それが、カルテビューワーです。


これは、小型のノートPCに常にリアルタイムでカルテデータを書き込み、万一の際に備えるものです。
閲覧のみで書き込みができないので、カルテビューワーといいます。
書き込まれる内容は、カルテのすべての内容です(処方や検査結果は勿論、2号用紙の左側のSOAPも)
書き込みはXMLで暗号化されていますので、専用のビューワーでないと読めません。
小型ノートPCを用いるのは、停電の際も5〜6時間は普通に動いてくれるからです。
現在使用しているのはB5のレッツノートで軽くて7時間は平気で持つ頼れる奴です。

今日は8時頃診療が終了し、その後、紙カルテの内容を電子カルテに書き込みました。
帰宅は9時前となりましたが、疲労よりも充実感の大きい1日でした。

まさかの友は真の友_b0102247_22231034.jpg


まさかの友は真の友

今日のヒーローはスタッフ全員です!

みんな、よくがんばりました。

よきスタッフに恵まれ、幸せな1日となりました。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-21 22:24 | 医療IT

小さな奇跡は笑顔から

奇跡は毎日おこっている

今日は第2回のクレド勉強会、
診療終了後の午後7時15分〜8時10分まで約1時間おこないました。

今回のテーマは『モットー』
アトランタのリッツ・カールトンでのエピソード、
ホテルで迷った井上さんをスタッフ(客室係?)の女性が見事に案内し、
その自信に満ちた姿の背景にはクレドカードのモットーがあったというものです。
そのモットーは、
We are Ladies and Gentlemen Serving Ladies and Gentlemen.

これについてリコさんが解説をしているのですが、
基本的な知識のないスタッフにはなじみのない“ミスティーク”“モットー”“クレド”という言葉が続きます。
今回は以前の勉強会と異なり基本的なクレドに対する知識を皆に与えていません。
それで、『なんだかよく判らないけど、素敵』とか『自分が輝いている』なんて意見も出てきました。
こんな風に、自分で考える、想像する、驚く、人の話から学ぶ感覚が大切なのです。
先週よりちょっとリラックスした雰囲気で、良い方向に進んでいるようです。

小さな奇跡は笑顔から_b0102247_22362044.jpg


ということで質問をしてみました。
『ところで、うちのクレド:信条はなあに?』

あらあら、驚いたことに答えることの出来ないスタッフがいます。
The miracle is not that we do this work,
but that we are happy to do it.

有名なマザー・テレサの言葉で、クリニック2Fの壁に書かれているのは以前もお話ししたとおり。

大切なのは、『好きであること』、
仕事をすることが幸せであれば、
それはきっと皆の幸せに繋がり、それが奇跡に繋がるのです。

大きな奇跡はなくても、
小さな奇跡は毎日おこっています。
『あーあ、働きたくないなあ・・・』
そう思っていても、
『やっぱり、なんとなく仕事が好きだから働こう』
そうしたことも、やっぱり小さな奇跡なのだと思います。

『なんだか、凄く調子がいいんです!』

今日はそんな言葉が、痛みに悩む患者さんから聞こえてきました。
この小さな奇跡も、きっとスタッフ一人一人の笑顔が生んだものなのだと思います。


勉強会の終わった後の皆の笑顔がとても素敵で、

帰りの私の足取りが軽かったのは言うまでもありません。






にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-18 22:39 | CLINIC

私たちのお仕事は魔法の仕事

開業医のお仕事は、健康復帰のための本当のクリティカル・パスウエイを作ること

今日は診療終了後、リハビリテーション・ディレクターの黒田さんとリハのことや介護のことなど色々なお話しをしました。
その中で、出てきたのが“基幹病院との連携の中でクリティカルパスを使わなくちゃ”という意見でした。
あまり乗り気でない私に対し、
『クリティカルパスは先生が始めたものでしょう?』との声
確かにクリティカルパスの黎明期に日本で全病院的に始めたのは私ですが、
最近の地域連携パスには少し疑問もあります。

本来患者本位の医療ツールとして日本で発展したパスですが(米国ではマネージドケア・ツール)、
最近では少し方向性が変わってきたような気がします。
これも時代の流れでしょうか?

連携パスの話は兎も角として、
実は私たち開業医(かかりつけ医)の仕事は、この患者さんのクリティカル・パスウエイをしっかりと作成し実行することにあると、最近では考えています。

クリティカル・パスウエイの本来の目的は、
病気の方をしっかりと治療し、きちんと社会復帰させる道のりを明示することです。
医療の標準化や質の向上はその過程で生まれる副効果に過ぎないと思います。

であれば、私たちの仕事はまさにそれ、
元の状態に戻し、職場に復帰させ、以前と同様の家庭生活を送らせることです。
これを私は、リコンディショニングとかリ・ハビルとか呼んでいます。

クリニックに来られた患者さんに
『早くよくなれ、早くよくなれ!』と呪文をかけ
(呪文だけではよくなりませんが・・・)
復帰へのロードマップを作成すること。
それが、わたしたちかかりつけ医の仕事です。
そして、これこそが本来のクリティカル・パスウエイ(パスと言う言葉は誤解を招きやすいので嫌い)です。

私たちのお仕事は魔法の仕事_b0102247_23215818.jpg


クリニカルパスでも、クリティカルパスでも呼び方はどうでもよいので、

私たちは日々ロードマップを作成し、

魔法の呪文を唱え、

薬や注射やリハビリなどの魔法の粉をふりかけるのです。


私たちのお仕事は、魔法の仕事

そう思っているのは私だけではないようなきがします。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-16 23:23 | CLINIC

病気について理解すること、理解してあげること

『ツレがうつになりまして』に学ぶ病気について理解することの大切さ

連休となりましたが我が家は家でまったり、
今日はhuluで『ツレがうつになりまして』を観ました。
2011年10月に公開された映画版です。
(原作は有名なベストセラー、2009年にはNHKでテレビドラマ化されています)
宮﨑あおいと堺雅人の“篤姫”コンビです。
『うつの映画はねえ・・・』となんとなく敬遠していましたが、これが面白い。
面白くて、そして泣ける映画です。

素敵な台詞(原作ほぼ同じ)満載ですが、
その中でも好きなのは、これ。

なんだ「ガンバレ」って言わなければいいだけか。
カンタンじゃんっ。
それじゃ、いつも通りほっとこう。

 
そして

よくこんなのにずっと耐えてたねぇ。
えらいよ。


うつ病は誤解の多い病気で、
周りの人に理解してもらえません。
それでつい、
『頑張れ!』
『たいしたことないから弛んでるんじゃないの!』
と声をかけてしまいます。
これって、実は整形外科でよく遭遇する疾患によく似ています。

それは、“むちうち症”です。

正式には外傷性頚部症候群(頚椎捻挫)という、頸部周囲の軟部組織を痛める疾患です。
原因としては交通事故・スポーツ障害・労災などがありますが、もっとも多いのは交通事故です。
整形外科医を悩ませる扱いの難しい代表的疾患です。

『なんで、むちうち症なのにこんなに時間がかかるの?』
『気持ちの問題じゃないの?』

たかがむちうち、されどむちうち
侮ってはいけません。

むちうち症は、疼痛に様々な症状(頭痛・めまい・嘔気・耳鳴り)などの症状が併発することがあります。
最近では、脳脊髄液減少症の合併も認知されるようになりました。
一旦こじらせると、やっかいなのはうつ病と同じです。

病気について理解すること、理解してあげること_b0102247_21104425.jpg


健やかなるときも、

病めるときも、

君とずっと一緒にいたい



とても癒やされる素敵なえいがです。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-14 21:16 | 医療

そろそろダイエットしよう

肥満は医療費を押し上げる

正月からもう10日以上が過ぎましたが、なんとなく年末年始の過食を引きずっている今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私自身も少し太ってしまいましたが、そろそろダイエットでもいかが?
そう考えていたところ、ヘルスデージャパンに興味深い報告が出ています。

車に乗らなければ体重もガソリン消費量も減るというこの記事、当たり前と言えば当たり前なのですが、とても面白い内容になっています。
今年の目標は減量━━それなら、車を使うことを減らすのが得策。こんなユニークな研究結果が、米イリノイ大学のSheldon Jacobson氏らから報告され、論文が「Preventive Medicine」オンライン版に12月5日掲載された。さらに環境面の恩恵として、運転を減らして身体活動を増やせばガソリン消費量も減少する可能性があるという。
米国人の平均BMIは過去数十年で増加し、米国経済は肥満関連の医療費高騰による打撃を受けている。カリフォルニア州単独でも肥満による年間の医療費は420億ドル(3兆7,000万円)近くにのぼる。以前の研究では、肥満によって米国の年間ガソリン消費量が10億ガロン(約38億リットル)増加すると推定されている。

さて、人口比で考えますと、日本全体では13兆円が肥満関連の医療に費やされることになります。
全医療費の1/3に相当するもの凄い費用になります。

これは痩せなければいけませんね。

でもね、歩くのは大変だし、食べ物を減らすのはイヤだし・・・

そう考えているあなた、以下をよく読んでみましょう。
生活習慣の小さな変化が全国の肥満レベルに及ぼす影響を調べるため、Jacobson氏らは車の走行距離を1日1マイル(1.6キロ)減らすか、摂取カロリーを1日100カロリー減らした結果を予測する統計モデルを作成した。2010年の米国のBMIは27.55であり、24.5超を過体重、30超を肥満とした。その結果、走行距離が1日1マイル減ると全国のBMIは6年後に0.21、摂取カロリーが1日100カロリー減ると3年間で0.16低下することが判明した。


そろそろダイエットしよう_b0102247_21284942.jpg


ほんのちょっとしたことが、明日の健康に繋がるようです。

この連休に、ちょっと生活を見直してみましょう。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-13 21:30 | 健康

原点からもう一度

新しい息吹は原点から

今日は診療終了後、2Fラウンジでメディカルクラークとなんと4年ぶりの抄読会をおこないました。
これは、以前『クレド勉強会』と称していたもので、毎週月曜日に2年半ほどおこなっていたものです。
以前のチーフクラークが結婚を契機にクラーク職を辞し(現在、当院クラークアドバイザー)、
その後任のクラークディレクターも今度は出産・育児のため長期休暇に今月中旬から入ります。
メインの二人を失った私たちは、今後どうしたらいいのでしょう。

途方にくれた私に二人は口を揃えて言いました。
『クレド勉強会をもう一度やりましょう』

ということで、今日は第1回の抄読会(クレド勉強会)。
抄読会といっても、別にその場で本を読むわけではありません。
テキストに決めた本の一つの章をあらかじめ皆が読んでおき、それについて感じたことを皆で話すのです。
進行役は私。
この勉強会は面白いので、個人的には大好きです。
過去に使用した本は20冊以上、さて今回はどの本を使いましょう?

私の質問に、アドバイザーとなった岩崎(旧姓:三津家)はにっこり微笑んで言いました。
『決まってますよね、先生。あの本です』

ということで、再び登場したのは、
『リッツ・カールトン20の秘密』
井上富紀子さんとリコ・ドゥブランクさんの共著です。
数あるリッツものの中で、この本はピカイチだと個人的には考えています。

この本のいいところは世界中のリッツ・カールトンを旅した井上さんのエピソードに、
リコさんが一つ一つ謎解きをしていくところです。
それに対して、更に読者としての私たちが感じたことや疑問をぶつけていく。
その繰り返しがとても面白く、
私たちはこの勉強会を通して成長していきました。

さて、記念すべき第1回。
プロローグにはエピソードはなく、
私のリッツ・カールトンやカシータでの体験談や、
先日ANAでの2日間研修に参加したチーフクラーク栗原のエピソードなど、
色んな話を皆でしました。

原点からもう一度_b0102247_2314912.jpg


まずは、最初の一歩、

なんとか上手く踏み出すことが出来ました。

さて、来週はどんな二歩目になるか楽しみです。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-11 23:17 | ホスピタリティー

イノベーションを始めよう

今あるもので新しいものを作る、組み合わせで生まれる新しい医療サービス

今朝テレビを見ていると安倍首相が新しく作った産業競争力会議のメンバーが話題になっていました。
個々のメンバーの好き嫌いは別にしても、重厚長大が売りの経団連とは趣が異なり実力者が顔を揃えています。
取り敢えず陣容は整っているようにもみえますが、孫さんがはいっていないのも気にはなりますね。

このときテレビでは、『なぜ日本の企業が駄目になったか』『サムソンが凄い』という話になっていました。
この報道については、一部、頷ける部分もあるのですが、頸をかしげる部分もあります。
これについて話し出すときりがないので、別の機会にしたいと思います。
ただ、サムソンの天下は続かないと個人的には思っています。
サムソンの決断と展開の早さは認めますが、この企業は模倣の企業でイノベーションがないからです。
とすれば、いずれ他の企業、恐らく鴻海(ホンハイ)、HTC、ASUSなどがこの位置に座ることでしょう。
この番組の中で、今だにニーズのないIT家電などへの展望を述べていた某企業社長もいたのは驚きです。

と、いうことで今後医療の世界にも訪れる競争社会やイノベーションについて考えて見ました。
以前も当blogに書いたのですが、今医療・介護の世界は大きな分岐点にいます。
というより、すでにある方向に向かって大きく歩き出しているのです。

方向は決まっているので、あとはどうしたらそこに新しい希望を見いだせるかということになります。
そこで必要なのがイノベーションです。
この『イノベーション』と言う言葉、よく『新しい技術の発明』と誤解されています。
イノベーションは実際には、ものごとの「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」の事です。
大切なのは『発想』であって『発明』ではありません。

そう、ですから
イノベーションは
今日から、あなたもできるのです。


私たちのクリニックでおこなわれているいろいろなこと、
医療のコンシェルジュサービス・機動力、
クリニックから在宅までのリハビリテーション、
新しく始まったみなしデイケア、
プロフェッショナル・ボランティアとして現在、大学・高校・社会人など6つのチームに現場でおこなっているコンディショニング・トレーニングサービス、
プロの民間セラピストを加えたフットケア、
保健師や健康運動指導士による健康指導、
そして在宅医療や訪問看護、それを支えるケアプランの作成・・・

これらはどれも、
特別なことではありません。
ただ、これらのすべてを無床診療所でおこなっているところは、私たち以外にはないのではないでしょうか。

イノベーションを始めよう_b0102247_2227537.jpg


ここに列記したことは、まだイノベーションではありません。
ただ、材料はすべて揃っています。
あとはそれをどんな形に仕上げるか・・・


そう、レシピ次第です。

イノベーションは、特別なことではありません。

あなたもイノベーションを始めませんか?






にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-01-09 22:33 | CLINIC
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31