SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 01月 ( 47 )   > この月の画像一覧

コンシェルジュサービスと医療連携

連携医療機関の皆様にはご迷惑をおかけします

せんだメディカルクリニックでは開院以来、コンシェルジュサービスをおこなっています。
当院のコンシェルジュサービスは院内案内ではありません。
勿論、基本的にフルエスコートサービスですから、メディカルクラークが診察室やリハビリセンターへのご案内・タクシーの手配やお体のご不自由な方にはお薬の調剤薬局からデリバリーサービスまでします。

でも本来のコンシェルジュサービスとはすべてをカバーするもの・・・
院内サービスだけでのはずがありません。

医療施設におけるコンシェルジュサービスは医療連携と密接な関係があります。
他施設での検査や診療の場合は、紹介施設と患者様の予定調整をし予約を入れます。勿論、外来予定表や担当医の出勤確認(学会などで不在がないか)もおこないます。
また手術の場合は、手術術式・手術予定などを患者様の前で連携医療機関の術者と電話で決定し、一度の受診で初診と術前検査までおこないます。
いずれの場合も、紹介状や画像のデジタルデータは勿論、紹介先の電話番号や地図もお渡しします。

こうしたサービスは、メディカルクラークだけでおこなっているわけではありません。
医師や看護師は勿論、理学療法士や助手まで、すべての職種が関与しています。
この際活躍するのが、電子カルテやPHS・インカムといったITです。
情報の共有や迅速な伝達が不可欠です。

患者様に好評のコンシェルジュサービスですが、この裏には連携医療機関の皆様の多大なご協力とご理解があります。
いつもお忙しい中、私の無理なお願いに快くお答えいただき大変感謝しています。
“患者様のため”という大義名分のもと、私の我が儘に嫌な顔一つされず(多分心の中ではされていると思いますが)対応していただき、本当に申し訳なく思っています。
b0102247_2092737.jpg


という訳で、今週も無理難題の末、
木曜日の午前8時に私執刀の手術を入れていただきました。

ご迷惑をおかけします。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-31 20:14 | 医療

ジェネリック医薬品について考える

なぜジェネリック医薬品は普及しないか?

一昨日、来院された患者様から今まで他院で処方されていた薬剤を当院で処方して欲しい旨お話がありました。
早速、処方内容を拝見すると6種類すべてがジェネリック、うち4種は名前では薬剤が判らないため薬剤辞書で調べました。当院のすぐそばの調剤薬局では取り扱いがないため、他の調剤薬局に問い合わせをし同等の薬剤を確保しました。
この一連の作業は時間を要します。結局薬剤に関して要した時間だけで20分ほどかかりました。
この患者様は、こうしたことにご興味があり、この際に交わした会話です。

“先生、なぜ薬をコンピューターで調べているんですか?”
“お薬がすべてジェネリックなので見ただけでは何の薬か判らないからです”
“ジェネリックなんですか?”
“すべてジェネリックです。ジェネリックは後発薬品の総称で、廉価ですが効果は先発品と同等といわれています”
“ジェネリックはいけないのですか?”
“いえ、そんなことはありません。ただ、一つの先発品に対し何十種類もの後発品があり、そのほとんどが名前が異なるので調べないと判らないのです。また、必ずしも先発品と効果が同等でない場合があります”
“私は、ジェネリックという安い会社のお薬だと思っていました。そんなに沢山の会社が出しているとはしりませんでした。先生はジェネリックが嫌いですか?”
“嫌いではありません。でも完全には信用していません。私たちがジェネリックを嫌う理由は経済的なものではありません”
“お薬を出すことで病院は利益がでるんでしょう?”
“お薬を出すことで利益が出ることは、私たちのような診療所で少なくとも一流薬ではありません。お薬の仕入れ値が何%と思いますか?”
“70%くらいですか”
“とんでもない。今は当院は院外処方ですが、以前院内処方の際は仕入れ値は平均92%でした、それに5%の消費税がかかりますから、96.6%になります。これは仕入れ値ですから、処方する費用や在庫管理費用は全く含まれていません。利益なんかありません。”
“そんなに高いのですか”
“そうです。本当に薬価差益がありお薬で利益が出るのなら、誰も院外処方なんかしません。”
“そうなんですか?失礼ですが、私たちはずっとお薬で儲かるものと思っていました”
“そうですよね・・・そんな風に報道されますから。でもそれは、何十年も前の話です”
“それでは、なんでジェネリックを出さないのですか?”
“私の場合は2つです。一つは薬剤の効果が保証できないこと、どんなに安くても効果がなかったり、安全でなければなんにもなりません。もう一つは、一つの先発品(一流品)に対して何十もの後発品があり訳がわからなくなるからです”
“そんなに沢山あるのですか?”
“具体的にお見せしましょう。ロキソニンという先発品に対し、今判るだけで45種類あります。薬価も先発品22.3円に対して6.1円〜11.2円まで非常に幅があります”
“ジェネリックでもそんなにいろいろあるのですか?”
“びっくりするでしょう?ジェネリックにも1流〜3流までいろいろあるんです。名前もロキソニンに対しオキミナスとかスリノフェンとか全く違うのです”
“私はなぜジェネリックをもらっていたんでしょうか?”
“それには多分二つの理由があります。ジェネリックは先発品と異なり比較的薬価差益があるので院内処方を出しやすいこと、もう一つはあなたがもらっていらっしゃったお薬の場合、ジェネリックでも薬剤の信頼性があるからだと思います”
“では安心していいのですね?”
“はい、全く同じではありませんが同等品のジェネリックをご用意できました”
“先生は今後、ジェネリックについてどのように考えられますか?”
“効果が同等で安全が確保できれば、経済面からいいことだと思います。薬剤の名前についても、最近の薬剤は成分名での表記に変わってきましたので判りやすくなりました”
“今日初めて、ジェネリックについてよくわかりました。先生も大変ですね”
“でしょう・・・。調べたり、安全性について検討したり、説明したりするのが大変ですからジェネリックは普及しないのです。でも、これからは必要なことですね。”

以上のような会話を患者様としました。
ジェネリック医薬品への移行・・・
必要なことではありますが、
まだまだ色々な面でハードルが高いといえます。

あなたはジェネリック医薬品について説明を受けたことがおありですか?
少なくとも、経済的な理由から(利益追求のため)お薬を処方する医師はいません。

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-31 18:02 | 医療

J.D.サリンジャー死す

サリンジャーと庄治薫

J.D.サリンジャーが亡くなくなりました。
寡作(発表作が少ないだけとも言われますが)で1965年以降作品を発表していないサリンジャーが1月27日永眠しました。

サリンジャーと言えば高校生時代の愛読書で、『ライ麦畑でつかまえて』 『ナイン・ストーリーズ』『フラニーとゾーイー』など夢中で読みました。
同じ頃、庄司薫の『赤ずきんちゃん気をつけて』などの一連の作品も読んでいました。
庄司薫は、その文体やプロットがサリンジャーに似ているので一時期“盗作騒ぎ”もありました。
寡作で、もう長い間作品を発表していないのもサリンジャーに似ています。
消息が全く分からないので、どうしたのかなあと思ってこの機会に調べてみました。
するとまだご無事のようで、ひとまずほっとしました。

とりとめのない話になってしまいましたが、
サリンジャーが亡くなり、
一つの時代が終わった気がします。

b0102247_21525981.jpg

広いライ麦畑で遊んでいる子どもたちが、
気付かずに崖っぷちから落ちそうになったときに、
捕まえてあげるような、
そんな人間になりたい


ライ麦畑でつかまえてのエンディングですが、
そんな医療者になりたいですね・・・



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-30 21:55 | その他

理想のMR像 その2

勝手な友人像

以前、MRの矜持について書きましたが、私の好きなMR・・・というのがあります。
それは、私の拙い話を聞いてくれるMR。
本日、その方がみえました。

仕事の話はそこそこに、
医療経営学や医療経済の話を二人でしました。
この方は非常に聞き上手で、私の中では『仕事の友』、
多分彼女にとっては『うるさいお医者さん』なのかもしれませんが・・・

こうした『仕事の友』や『心の友』が私には数人います。
いずれも、こちらの勝手な片思いなのかもしれませんが、
男女を問わず、私の大事な友人です。

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-29 22:12 | その他

知恵熱ってなあに?

外傷後の発熱は

昨日縫合した年長さんが来院しました。
傷の状態は順調で、ご機嫌もまずまず・・・
帰りには手も振ってくれました。

ところでこの子、
昨日夜38度の発熱があったとのことです。今は平熱です。
“知恵熱ですよね”
“そうですね、緊張して疲れましたからねえ”
といった会話で、発熱=知恵熱ということになりましたが、
果たしてそうでしょうか?

知恵熱とは『生後半年から1年ぐらいの頃の乳児に見られる発熱』で免疫獲得の過程ででる熱のことです。
というわけで、当然知恵熱ではないですね。

では、この発熱はなんなのでしょう?
よくわかりませんが、子供は大人と比較し体温調節が上手くできないので、興奮したりストレスがたまると発熱すると言われています。
子供の頃、興奮すると夜に発熱することがありませんでしたか?
私はありました。
b0102247_21335079.jpg


とにかく、
昨日縫合した子は元気でしたので
ほっとしました。

明日もご機嫌だといいのですが・・・





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-29 21:36 | CLINIC

医療行為同意カードが欲しい

小児に対する医療行為は?

未成年の症例においては、医療行為を行う際、基本的に保護者の同意が必要です。
高校生であればまだよいのかもしれませんが、幼稚園児の場合、傷の処置はおろかXP撮影もできません。
本日、幼稚園でサッカーの最中に転倒し顎を切った幼児が来院しました。
こうしたケースではほとんどの場合、幼稚園の関係者に付き添われ来院されます。
今回のケースも同様です。
25mmの裂傷で、縫合が必要です。
ところがなかなか保護者に連絡がつきません。
これはけっして稀なケースでなく、一般に保護者と連絡がつくまで最低30分はかかります。
連絡がつくまで、簡単な傷の保護のみおこない、じっと待ちます。
緊急性はないのですが、その間子供は不安でしょう。
結局、保護者が来院されるまで50分、縫合は10分で終わりました。

もし、このようなケースで“医療行為同意カード”なるものがあり、“必要時XPはOK”とか“縫合は医師の判断に任せる”といった記載があれば、小児は不安に震えて待つことなく迅速な処置を受けることができます。

b0102247_2113465.jpg


保護者を待つのが嫌なのではなく、
子供を長い時間不安な状況におくことが嫌なのです・・・


【医療行為同意カード】・・・

いかがでしょうか?




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-28 21:17 | 医療

セルフメディケーション 続き

かかりつけ医とかかりつけ薬局をもとう

昨日のRKK収録でしゃべる薬剤師の京(かなどめ)さんとのお話の中で思い出したことがあります。
昔はどこの町にも、ご近所にかかりつけ医(町医者)と同じようにかかりつけの薬局がありました。
私の町にも西山薬局(今でもありますが)という薬局がありそこでエスエス製薬のピョンちゃんマスコット人形などをもらっていました。
家には置き薬があったのですが、なぜか母や祖母と行っていた記憶があります。
薬局は町の知恵袋みたいな雰囲気でした。
お医者さんより行きやすく話しやすい・・・
そんな雰囲気がありました。

そして現在、
調剤薬局は増えましたが、
いわゆる町の薬局はすっかり姿を消してしまいました。
チェーン店のドラッグストアはありますが、そこではちょっとお茶でものみながらご相談とはいきません。
b0102247_16454186.jpg

こうした町の薬局が姿を消していくことは大変寂しいことです。
でも、そうした感傷的な想いばかりではありません。
私たちがセルフメディケーションを行っていく上で、
かかりつけ薬局は、かかりつけ医と同様に大切です。

あなたのご近所の知恵袋・・・

かかりつけ薬局をもちましょう(調剤薬局でも勿論OKです)。






にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-27 16:50 | 医療

セルフメディケーションに取り組もう

RKKサンデードクターズサロン収録

今日は午後9時からRKKの収録がありました。
今回のテーマはセルフメディケーション・・・
ちょっとなじみのない言葉ですが、皆様はご存知ですか?

セルフメディケーション(Self-medication)とは、WHOの定義では「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調(minor ailments)は自分で手当てすること」としています。
要するに、自分の体は自分で管理しましょうということですが、これがなかなか難しい。
Do it yourselfは、なにも日曜大工ばかりではないのです。

このセルフメディケーションですが、最近は本来の意味を狭め以前お話したOTC薬を使った薬物療法にお話が偏ってきているようです。
本来のセルフメディケーションとは自分の体のトータルケアですから、食事や運動、健康食品やアロマセラフィーまであらゆることにまたがっています。
このセルフメディケーションをおこなうには、言うまでもなく一人一人の情報力や分析力といったトータルなパワーが必要です。
考えてみると、とても大変なことですね・・・

こうしたときに役に立つのが、私たち・・・
あなたのそばの医師や看護師、栄養士や薬剤師といった医療者です。

セルフメディケーションに医療者は不要なのでなく、
その豊富な知識や経験を利用することが大切なのです。
b0102247_057498.jpg

セルフメディケーション、
あなたはアドバイザーとしての医師や薬剤師をお持ちですか?

医療者はあなたの良き友人です・・・




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-26 23:30 | 医療

局所麻酔注射なしでの縫合はいかが

麻酔は必要ですか?

以前ご報告したように、せんだメディカルクリニックでは最近無麻酔(キシロカインゼリーは使用します)での縫合を症例によっておこなっています。

本日の症例は、小学生の頭部裂傷。
6.0ナイロンモノフィラメント(クリア)を用いて3針縫合しました。
勿論、針の大きさの比較(麻酔の針は大きいよ)・頭皮は痛みに鈍感・麻酔薬注入時の疼痛などを説明し15分間のキシロカインゼリー塗布の後、縫合しました。
結果は、少し涙ぐんでいましたが、麻酔薬注入時の強い痛みの訴えもなく無事終了しました。
頭皮の場合、注射がないと出血もほとんどなく縫合も非常に楽です。
b0102247_22513411.jpg

表面麻酔のみでの縫合・・・

あなたはどう思いますか?




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-25 22:56 | 整形外科

手術の結果は保証されるか?

年齢により異なる術後の症状改善のスピード

本日、腰椎椎間板ヘルニアの若年患者(高校生)について、術後の症状のとれる経過について質問を受けました。
“現在の痛みは術後取れますか?”
“長期的には痛みは消失します”
“術後3ヶ月で痛みはとれてしまいますか?”
“確実ではありません・・・”
私にしては、非常に不確実な答えを繰り返してしまいました。

いつもであれば、
“術翌日から痛みは1/3以下に”とか“術後1ヶ月でスポーツ開始”とかいったふうにてきぱきと答えるのですが、今回はそうはいきません。
理由は、患者がまだ若い高校生だからです。

一般に若年者の神経性疼痛は術後遷延します。
小学生・中学生・高校生くらいまでは、腰椎椎間板ヘルニアの術後経過はすっきりしません。
これは一般に神経根の緊張性が強いためといわれていますが、明確な答えはありません。
今回のような高校生の症例では、術後どのくらいで術前の症状が消失しどんどんスポーツができるようになるかは、明確な答えがでないのです。

従って、“確実に何月何日までにスポーツができるようになるのか?”という質問には答えられません。
若年者における脊椎手術の難しさがここにあります。
b0102247_22342345.jpg

確実に言えることは、術前よりよくなること、
痛みは長期的には消えること、
その2つです。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-01-25 22:37 | 整形外科
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー