SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

傷治療の常識の間違い その1

よく傷にガーゼを貼り来院される方がおられます。
また、一般的に(医療者を含め)傷は乾燥させるものだと多くの方が考えています。
でも、多くの場合、キズにガーゼを貼ることはマイナスなのをご存知ですか?

モイストウンドヒーリングを提唱される夏井先生やラップ療法を勧めておられる鳥谷部先生は以下のようにガーゼ被覆の害を定義されています。

* ガーゼは,創傷治癒を遅らせ,感染の原因になります.
* 創を乾燥させます.
* 創を傷つけます.
* ガーゼの線維は創内異物=感染の原因です.

皆様も、ガーゼ交換の度に痛い思いをされたことがありませんか。
痛いということは多くの場合、傷を傷つけているのです・・・
せんだ整形外科では3年前より湿潤治療を積極的におこなっています。
また、イソジンなどの細胞毒性の有る消毒薬も一部を除き使用していません。
皆様のそばの医療機関ではいかがでしょうか?

こうしたモイストウンドヒーリングは現在ではバンドエイドのキズパワーパッドなど、一般の方がドラッグストアなどで手軽に求めることが可能になりました。
一度お試しになることをお勧めします。



b0102247_2462922.jpg
by ccr-net | 2007-07-31 02:46 | 医療

猛暑がやってきた

猛暑がやってきた!!
本日はすごい暑さで35度まで熊本でも上がっているようです。
ヨーロッパも猛暑で、なんとルーマニアやギリシャでは45度まで上がり熱死者がでているようです。
私が、子供のころには考えられなかった暑さですが、これも地球温暖化の影響なのでしょうね。
こうした暑い日に何よりも怖いのは熱射病と脱水症です。
特別用事がなければ、日中はおうちの中ですごし適度な塩分と水分を補給しましょう。
また、暑い日にこそシャワーではなくきちんと入浴することも大切です。
くれぐれもお体を大切に・・・
b0102247_178488.jpg
by ccr-net | 2007-07-26 17:08 | 健康

チョコレート摂取で血圧が低下

チョコレート摂取で血圧が低下
ドイツ・ケルン大学での、ポリフェノールの豊富なチョコレートを低用量摂取した場合の、血圧変化についての研究がJAMAに発表されました。
ココアを含む食品の日常的な摂取が、心血管系の死亡率低下に寄与することは広く知られています。研究デザインは、高血圧前症または第I期高血圧症の56歳から73歳までの44例に対し、30mgのポリフェノールを含んだダークチョコレートを毎日6.3g(30kcal)、もしくはポリフェノールを含まないホワイトチョコレートを無作為に割り当て摂取させたものです。
結果、正常より血圧が高値だが健常な人が、食事の際にポリフェノールが豊富に含まれるチョコレートを少量摂取すると、体重増加などを伴わずに血圧が効果的に低下することが判明しています。
この量を、明治ブラックチョコレートで換算しますと、70gで1000mgのカカオポリフェノールを含有していますのでわずか2.1gの摂取でよいことになります。
うーんそうすると食べる楽しみはなくなってしまいますね・・・・一般に100mlの赤ワインに含まれるポリフェノールは300mg、緑茶は100mgです。そうすると緑茶を摂取する方はますますチョコレートをとる理由はなくなってきます。

また、赤ワインとチョコレートとチーズは偏頭痛の一因とされていることにもご注意を!!


b0102247_2325289.jpg
by ccr-net | 2007-07-24 23:03 | 健康

陥入爪の手術について

陥入爪の手術をせんだ整形外科では2年ほど前より超弾性ワイヤーのマチワイヤーを使用しておこなっています。
以前の爪形成術と比較し出血や痛みもありませんし、手術経過も良好です。
先日若い方のマチワイヤーを用いた手術をおこないましたが、1週間で爪はほぼ平となり、2週で抜去しました。
今後、深爪さえしなければ再発もしないと思われます。
写真は個人情報もあり掲示できませんので、多摩メディカルのものを拝借致しました。
陥入爪の方にはお勧めです。
b0102247_20284494.jpg



b0102247_20295860.jpg
下が1週間後のものです。
by ccr-net | 2007-07-22 20:31 | 整形外科

OD錠は本当に良いのか?

最近はOD錠(口腔内溶解錠)が増えています。
OD錠が増えている原因としては、年齢とともに嚥下機能が低下することにあります。
また、喉に食べ物を詰まらせたり、むせたりしないまでも錠剤やカプセルが食道等にはりついて潰瘍等の原因となることもあります。
けれども、本当に良いことばかりなのでしょうか?
内服を行っていく場合、最も大事なことは服薬コンプライアンス(お薬がきちんと飲めているか?)です。
最近のOD錠の中にはとても飲めたものではないものも少なくありません。
最近の新製品で口に含んですぐにはきすてたものがなんと3剤の内2剤もありました。
(かならず試用してみるのです)
こういったとても飲めたものでないOD剤の登場は結果として服薬コンプライアンスを著しく低下させます。
開発者の方はくれぐれもお味見を!!b0102247_1931554.jpg
by ccr-net | 2007-07-22 19:32 | 医療

ブログ再開しました。

ずっと、ブログ更新をおこなっていませんでしたが、CCR NEWS BLOGとして再開しました。
ロゴも変わりました。
個人ブログは近日中に開始予定です。
また、CCR-NET.COMもリニューアルしましたのでご覧下さい。b0102247_19371791.jpg
by ccr-net | 2007-07-22 17:32 | その他
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31