SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:インフルエンザ( 50 )

インフルエンザにご注意!

インフルエンザ治療の医師における人気1位は依然としてタミフル

例年より遅い寒波の到来で遅れていたインフルエンザの流行も先週くらいから多くなってきました。
平成24年第1週(1月2日~1月8日)の定点観測では注意報レベルとなっています。
ただ定点観測患者数は警報レベル上位の三重県(15.17)、香川県(9.35)、滋賀県(8.85)、沖縄県(8.40)、宮城県(7.98)、岡山県(7.79)と比較し1.54とまだ高くはありません。

せんだメディカルクリニックでも連日2名ほどのインフルエンザ患者が来院され、そのほとんどがA型です。
治療法は現在イナビルの吸入治療を中心におこなっていますが、果たして一般にはどうでしょうか?
そう考えていたら1月20日の日経メディカルオンラインに使用意向の優先順位、タミフルが1位、リレンザが2位という興味深い記事が出ました。
調査は、2011年12月16日から28日までに、日経メディカル オンラインの医師会員(小児科医および内科医中心)を対象に実施した。ネット調査への協力を依頼し、410人から回答が得られた(回答者の主なプロフィールは文末参照)。
調査では、今シーズンに利用可能な抗インフルエンザ薬(リレンザ、タミフル、ラピアクタ、イナビル)を提示し、それぞれについて使用の優先順位を尋ねた。
その結果、薬ごとに見た場合、リレンザは、優先順位の1位が9.5%、2位が48.5%、3位が27.6%、4位が12.7%だった。タミフルは、それぞれ60.5%、25.4%、10.5%、3.4%だった。ラピアクタは、それぞれ1.7%、6.8%、24.6%、62.4%となり、イナビルはそれぞれ27.8%、18.8%、34.4%、16.8%だった(図1)。
インフルエンザにご注意!_b0102247_198173.gif

その理由となる抗インフルエンザ薬の選択基準は下記のようになっています。
インフルエンザにご注意!_b0102247_1912981.gif

現在私たちのクリニックでイナビルを選択している理由は、『単回吸入ですむ』という1点です。
院内での吸入で確実に治療が終了するので、タミフルのようにコンプライアンスを心配する必要がありません。
*2010年10月に発売されたイナビルはタミフルほどの実績はまだありません

さて、人気NO1のタミフルですが、同じ日のCareNet.comにタミフル、インフルエンザ治療効果に疑問という記事が出ています。
医学研究の信頼性を検証する国際研究グループ「コクラン共同計画」(本部・英国)は17日、インフルエンザ治療薬タミフルが重症化を防ぐ効果を疑問視する報告書を発表した。
タミフルは世界で広く使われ、特に日本は世界の約7割を消費している。各国が将来の新型インフルエンザの大流行を防ぐため備蓄を進めており、その有効性を巡り議論を呼びそうだ。
報告書は、製薬会社に有利な結果に偏る傾向がある学術論文ではなく、日米欧の規制当局が公開した臨床試験結果など1万6000ページの資料を分析。
タミフルの使用で、インフルエンザの症状が21時間ほど早く収まる効果は確認されたものの、合併症や入院を防ぐというデータは見つからなかった。

The Cochrane Collaborationはきわめて信頼性の高い研究グループですから、今後反響を呼びそうですね。
インフルエンザにご注意!_b0102247_19495232.png

取りあえず大切なのは予防です。
十分気をつけましょう。



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2012-01-22 19:51 | インフルエンザ

インフルエンザワクチン接種は皮内が効果的?!

予防接種のタイムラグはなくせないのか?

11月になりインフルエンザワクチン接種も後半戦に入りました。
今季のワクチンが不足気味なのは前回お話ししたとおりですが、その原因はワクチン生産の限界にあります。
日本のインフルエンザ生産メーカーはデンカ生研株式会社・北里研究所・化学及血清療法研究所(化血研)・阪大微生物病研究会の4つしかありません。
この4者で毎年のワクチンを支えているわけですが、その生産力には限界があり、一般的に増産はできません。
今季の日本でのインフルエンザワクチン総出荷予想量は約2,946万本でした。
このうち北里研究所の約478万本(1ml換算)の半数にあたる236万本が不具合があり廃棄、残りも再検査となりました。
11月になりようやく残りのうち120万本が徐々に出荷開始となっています。
というわけで、ワクチンの総数が明らかに不足しているわけですが、これは今年に限ったことではありません。
現状では慢性的な品不足となりそうです。

このワクチンの品不足、なんとか解決法はないのでしょうか?

実はあるのです。
現在インフルエンザワクチンの接種法は日本は皮下・米国は筋肉注射となっています。
接種量は0.5ml、効果は同等といわれています。
この2つの方法しかないのかというと実は第3の方法があります。
それは皮内注射です。

皮内マイクロインジェクションといわれる方法でのインフルエンザワクチン接種(Fluzone Intradermal )は、オーストラリア・カナダ・ヨーロッパ諸国など世界40カ国以上で承認されています。
Sanofi Aventis社の開発したこの方法の優れているところは、少量(1/5)で従来と同等の効果が得られることです。

実際、筋肉内投与のFluzoneでは、1回接種分0.5mLにインフルエンザA型とB型の血球凝集素がそれぞれ15μg含まれている。一方のFluzone Intradermalは、1回接種分が0.1mLで、インフルエンザA型とB型の血球凝集素がそれぞれ9μgと少量となっている。
 抗原量が少ないにもかかわらず、18歳から64歳の成人を対象としたフェーズIII(n=4276)においては、筋肉内投与のFluzoneとFluzone Intradermalでは同等の免疫応答が誘導されたことが確認された。
フランスの製薬会社のSanofi Aventis社は、同社製成人用Fluzone Intradermalワクチンの米国での販売承認を獲得し、極細針を用いたインフルエンザワクチンの接種が可能になる、と火曜日に発表した。
インフルエンザワクチン接種は皮内が効果的?!_b0102247_2065474.jpg

また、通常の方法では接種に25mm~40mmの針を用いますが、
Fluzone Intradermal の針はわずか1/10の1.5mm!!

欠点はコストが従来の1.5倍と高価なこと。
(でも、この専用容器では当然かも・・・)

針が短く痛くなく、量も1/5となれば一石二鳥ですね。

米食品医薬品局(FDA)は、
2011年7月18日に今季のワクチンの一つとしてこのFluzone Intradermal を選定しました。

日本ではまだまだ検討中のようですが、果たしてどうなるでしょう?



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-11-06 20:10 | インフルエンザ

妊娠中の方、インフルエンザワクチン接種はお済みですか?

ワクチン接種は赤ちゃんを守る

インフルエンザワクチン接種も佳境を迎えてきましたが、みなさんもう予防接種はお済みですか?
妊婦の方の予防接種については以前本blogで妊婦・授乳婦のインフルエンザ対応が変更にアップしました。
妊娠中の方にとっていかにインフルエンザ予防接種が大切であるかということですが、今回ヘルスデージャパンに
妊娠女性へのインフルエンザワクチン接種は新生児も守る
という記事が出ました。
妊娠中の季節性インフルエンザ予防接種は、出生後の数カ月間、新生児をインフルエンザから守り、流産の原因にならないことが新しい研究で示され、米ボストンで開催された米国感染症学会(IDSA)年次集会で報告された。
米ユタ大学(ソルトレークシティ)小児科助教授のJulie Shakib氏らによる小規模研究では、妊娠女性がインフルエンザの予防接種を受けることにより、新生児はインフルエンザ抗体の形で免疫を受け継ぐことが判明。この防御作用は出生後2~3カ月間持続する。抗体による防御は、予防接種を受けた妊娠女性11例から生まれたすべての新生児にみられたが、予防接種を受けていない妊娠女性の新生児では31%であった。
また、予防接種群の新生児では抗体による防御が生後2カ月目で60%、4カ月目で11%に認められ、非予防接種群では2カ月後も4カ月後も認められなかった。新生児は生後6カ月まではインフルエンザワクチンの接種を受けることができない。

CDC版はこちら
妊娠中の方、インフルエンザワクチン接種はお済みですか?_b0102247_20581632.jpg



さて、今季のワクチンは不足気味です。



早めの接種をお勧めします。






にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-11-02 21:00 | インフルエンザ

インフルエンザワクチン接種はおすみですか?

ワクチンの効果は皆同じ?

インフルエンザワクチン接種もシーズンを迎えてきましたが、みなさん接種はお済みですか?
インフルエンザワクチンは、弱毒化生ワクチン・不活化全粒子ワクチン・不活化スプリットワクチンの3種類があります。
この中で、日本で使用されているのは不活化スプリットワクチンですが、乳幼児には効果が乏しいと言われています。
というところで本日のCareNetにMF59アジュバント不活化インフルエンザワクチン、乳幼児への有効性確認という研究がでました。
これは、NEJM誌2011年10月13日号に掲載されたものです。
新たなアジュバント製法によって開発された不活化インフルエンザワクチンについて、乳幼児に対する有効性が無作為化試験によって確認されたことが報告された。不活化インフルエンザワクチンは、乳幼児においては有効性が乏しいことが知られている。新たなアジュバントは水中油型乳剤のMF59で、成人用季節性インフルエンザに対する三価不活化インフルエンザワクチン(TIV)のアジュバントとして1997年以降27ヵ国で利用接種が承認されている。

インフルエンザワクチン接種はおすみですか?_b0102247_212428.jpg

このワクチンが日本にも導入されると

乳幼児のワクチン接種効果があがりそうです。



早急な導入を望みます。












にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-10-26 21:28 | インフルエンザ

インフルエンザの超高感度診断システムが?!

凄いけれど・・・
今日のCareNetに富士フイルム、インフルエンザの超高感度診断システムを発売というNewsがでました。
富士フイルムは6日、写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用し、一般的な診断薬と比較して約100倍の高感度でインフルエンザウイルスを検出できる「超高感度イムノクロマト法インフルエンザ診断システム」を24日から発売すると発表した。

おおこれは凄い!
ということで、詳細を見てみると、
価格は分析装置が38万円、試薬が1万3000円(10個入り)
ということで、ちょっと導入するには高価ですね・・・
インフルエンザの超高感度診断システムが?!_b0102247_21395226.jpgインフルエンザの超高感度診断システムが?!_b0102247_2139388.jpg

さて、どうしましょう?

100倍高感度ならいいかも・・・





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-10-12 21:42 | インフルエンザ

インフルエンザワクチンの予防接種が始まりました

今シーズンの北里ワクチン(シリンジ製剤)の使用はほぼ絶望的?!
10月1日よりインフルエンザワクチンの接種が始まりました。
今シーズンのワクチンは昨年と同様、ブタ由来A型H1N1pdm(以前の新型インフルエンザ)・季節性A型・季節性B型の3つの抗原が一つに入ったものです。
  A/California(カリフォルニア)/7/2009(H1N1)pdm09
  A/Victoria(ビクトリア)/210/2009(H3N2)
  B/Brisbane(ブリスベン)/60/2008(ビクトリア系統))

昨年までと変わったところは小児の接種量が変わったところ。
  6ヶ月~3歳未満  :0.25ml×2回(接種量が増えました)
  3歳以上~13歳未満:0.50ml×2回(接種量が増えました)
  13歳以上     :0.50ml×1回(従来通り)

従って、小児も大人と同量の接種になったと理解して下さい。
とすると、ワクチン全体の需要は増えることになります。
厚生労働省もそれを見越して今季の需給計画を立てていたわけですが、困ったことがおきました。
北里第一三共が予定していた478万本ののインフルエンザワクチンのうち、236万本が供給できなくなったのです。
これはワクチンにトリレオウイルスが混入したことによるものですが、残りも現在点検中で出荷は11月末にずれ込みそうです。
結局、事実上北里のワクチンは今シーズンは使用できないと考えています。
開業以来、一人1バイアル(昨シーズンからはシリンジ)で北里の0.5mlを使用していた私としては困ったことになりました。
直ぐにあちこちに手配し、結局化血研を中心とした1ml製剤を昨シーズン分確保できました。
ただ一人1バイアルではなくなったので、二人分を作成し余ったものは毎回廃棄することにしました。
(施設によっては冷蔵庫に保管してあるところもあるようですが・・・)

さて、今季の需給状態ですが、今のところ大丈夫なようです。
というのも医療機関からの予約状況が昨年と比較し少ないからです。
今後増えていくことはあるでしょうが、どこかで大流行しない限りは大丈夫ではないでしょうか。

当院では昨年接種した方を中心に予約を受けています。
特にRAなどで免疫抑制剤を投与されている方や呼吸器疾患をお持ちの方は早めの接種をお勧めします。
クリニックスタッフは今月中旬までに全員接種予定です。
インフルエンザワクチンの予防接種が始まりました_b0102247_2115251.jpg


今季の厚生労働省は気合いが入っています。

こんな啓発ツールもできています。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-10-02 21:18 | インフルエンザ

今年のインフルエンザの治療薬は

現時点ではイナビルが一押し?

国立感染症研究所(IDSC)の1/26現在のインフルエンザ流行レベルマップが発表になっています。
都道府県別では、宮崎県(64.49)、沖縄県(63.17)、福岡県(48.97)、佐賀県(48.44)、長崎県(47.29)、大分県(45.00)、鹿児島県(39.48)、熊本県(37.31)、群馬県(36.41)、千葉県(36.38)とついに熊本県がベスト10に顔を見せ、九州全県が顔を並べるという異常事態になっています。
せんだメディカルクリニックでも、毎日数名のインフルエンザ患者が来院されるようになりました。
当院の今シーズンの治療薬の一押しはイナビル。今季新しく登場した吸入薬ですが、その最大の特徴は院内で治療が終了すること、圧倒的な服薬コンプライアンスにあります。
今のところ、吸入の手技も問題なく、効果も昨年までのタミフルと比較し良好な印象があります。
欠点は、吸入指導にナースの手が取られることくらいです。

熊本ではこれからがハイシーズン、
十分な薬剤供給がされることを願っていますが、取りあえず必要量の確保をおこなっています。

クリニックでは先週1名罹患しました(全スタッフ予防接種済み)
まずは予防、
くれぐれもご注意を!!


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-02-03 23:07 | インフルエンザ

インフルエンザがやってきた

熊本県も警報レベルに!!

熊本県は1月17日〜23日の定点観測での患者数が37.31と警報レベルに達したと発表しました。
先週の2.5倍とです。
なかでも八代地区は82.43という高さ!!
せんだメディカルクリニックでも今週から急にインフルエンザ患者が増えて来ました。
こうなってくると、院内別空調室での薬剤師による服薬指導が間に合いません。
(調剤薬局から来て頂いています)
ということで、本日から昨年の流行期と同じくキット体制をとりました。
あらかじめイナビル2本・ブルフェン4日分というキットを組み、迅速キットで陽性になり次第私とナースが出て行きます。
説明をおこない、すぐにイナビルの治療を開始します。
こうすることで、無駄な待ち時間がなくなり迅速な対応が可能となりました。

でも、八代の82.43は凄い!
明日は熊本と思うと、ちょっとぞっとします。

みなさん、インフルエンザ対策はお済みですか?


イナビルの正しい吸入法、ご存じですか?

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-01-27 22:22 | インフルエンザ

インフルエンザが流行期に

平成23年第2週(1月10日~1月16日)は前週の2倍以上に!!

IDSC国立感染症研究所の2011年第2週のインフルエンザ情報がでました。
それによると、定点当たり報告数は12.09となり前週報告数5.06より2倍以上の増加となっています。
熊本でも、定点あたり報告数が14.98となり、注意報の基準値10.00を超えました。
八代では既に警報レベルとなりました。
せんだメディカルクリニックでも、連日インフルエンザ患者が出ています。

今季の特徴は二十歳以上の大人が多いこと、昨年と比較しインフルエンザ迅速キットですぐに反応がでることでしょうか。
現在全国的には、AH1pdm(新型インフルエンザ)が最も多く、次いでAH3亜型(A香港型)、B型の順です。
当クリニックでも全例A型となっています。

今年の治療法は新薬のイナビル(以前「抗インフルエンザ薬を使わない」という選択肢は?でご紹介しました)が当院では活躍しています。
イナビルの良いところは、治療がクリニック内で終了すること、
薬剤コンプライアンスを気にする必要がないことです。
具体的には、成人であれば薬剤師の指導の下クリニック内で4回吸入し治療は終了します。
勿論、解熱などの対症療法は別ですが。
現時点で、イナビルの印象は非常に良く速やかに状態が改善しています。

けれども、なにより大切なのは予防!
マスクと手洗いをお忘れなく。

インフルエンザが流行期に_b0102247_21454757.jpg
①沖縄県55.26②佐賀県27.87③福岡県24.81

④宮崎県24.08⑤長崎県20.43⑥大分県19.98

感染の上位6県を九州沖縄が独占している、

恐ろしい状況です。


何故でしょうね・・・?



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-01-24 21:55 | インフルエンザ

インフルエンザ包囲網!

今年はなぜか北部九州にインフルエンザが蔓延?!

国立感染症研究所感染情報センターが第52週(12月27日~1月2日)の最新情報を発表しました。
それによると、インフルエンザの定点当たり報告数は2.30(患者報告数10,851)
都道府県別では、沖縄県(9.17)、佐賀県(8.23)、長崎県(6.29)、北海道(5.68)、福岡県(5.01)、埼玉県(3.79)、大分県(3.48)、宮城県(3.26)の順です。
上位に北部九州の各県が並び、着々とインフルエンザ熊本包囲網ができてきています。

当初と異なり、現在の流行の中心はA香港型から新型インフルエンザに変わってきています。
皆様、くれぐれもご注意を!!

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-01-11 21:38 | インフルエンザ
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31