SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

運動器の10年とリハビリテーション

病院へ行こう!!
●運動器とは?
 運動器とは、自分の意志で動かせる組織のことです。立つ、歩く、投げるといった身体活動を担う、筋肉・関節・骨・腱・靭帯・神経等の組織のことで、日常の生活(QOL)をおくる上で欠くことのできないものです。
●「運動器の10年」世界運動って何?
2000年にはWHO(世界保健機構)により発足が宣言され、運動器に関わる病気の制圧(予防法の開発・本質的な治療)を目指しています。
これには現在、アメリカ・ヨーロッパ・日本を含む世界85カ国が参加しています。
ー「運動器の10年」日本委員会ホームページよりー

さて、こうしたことを踏まえ、今年の4月よりリハビリテーションはその形態・概念ともに大きく形を変えつつあります。
昨日まで、電気などの機械による治療に頼っていたあなたの町のクリニックでも、いつのまにか筋力トレーニングやバランス訓練が始まっています。
それは、私たち整形外科ばかりでなく、呼吸器や脳神経外科、循環器においてもゆっくりとした大きな波となってみられるようになってきました。
久しぶりに、あなたの町のクリニックを訪ねてみましょう。
そこでは、以前とは違った光景が見られるかもしれません。
医療は治療から予防医学へ、対症療法から根本的治療へと大きく変わってきています。
少し、おおげさですか?

運動器の10年とリハビリテーション_b0102247_093434.jpg
by ccr-net | 2006-05-20 00:03 | 整形外科
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31