SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

年の初めに

丁寧でありたい、当たり前だがおろそかになりがちなこと

仕事始めから3日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
クリニックは、仕事始めの4日は午前中で通常の1日の新患数を越える忙しさ。
5日・6日も新患が多く、医師3名でも待ち時間が90分を越える状態です。
こうした中で、通常と異なるのは骨折や脱臼などの重症患者が多いこと、なぜか私指名の方が多いことです。
臨床的な力は皆同じなので、空いている医師が診れば待ち時間も短くなると思うのですが・・・

なんてぼやいていても仕方ないのですが、昼休みも取れずちょっぴり疲れているのかもしれません。
年の初めの診療の特徴は、こうした混雑と患者さんと交わす言葉のやりとりです。

「おめでとうございます。今年も宜しくお願いします」
「年末年始は問題はありませんでしたか?」
「お正月はどこかお出かけになりましたか?」

こうしたやりとりの数々が、何となく心温まる一時となります。
お正月はやっぱり素敵です。


昨日は肩関節・肘関節の2関節脱臼というアスリートや重症虚血肢( CLI )と診断した男性など
バラエティーに富んだ診断で、年の初めとして今年1年を象徴するような気もします。
明日土曜日で年の初めの喧噪も終わり、来週はゆったりとした時間がまた流れていきそうです。

年初から多くの患者さんに恵まれ、よい一年の始まりとなりました。
今年も初心に返り、丁寧できちんとした診療をおこなうよう気を引き締めていきたいと思います。

最後になりましたが、
本年も何卒宜しくお願いいたします。



by ccr-net | 2017-01-06 22:00 | 医療
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31