SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

常識は本当か?

疑うところに進歩がある

先週金曜日に、ある研究会で発表をしました。
神経内科の研究会からのオファーで、メインの先生の前座です。
わずか15分の時間ですから、講演ではなく発表でしょう。

さて、今回オファー頂いたのは、ALS患者への装具それもスカプラバンドというテーマでした。
この装具を目的に大学病院などからご紹介をいただきますし、私の患者さんも4名ほど使用していただいています。
別名KSバンドと呼ばれるこの装具、一般に肩関節亜脱臼予防に効果があるといわれています。

さてどうでしょう?

結論から言えば、装具が効果がある方、ない方どちらもあります。
亜脱臼の矯正が可能な方から、そうでない方まで様々なのです。
でも、ほとんどの方が装着していた方が楽だとおっしゃるのです。

どうしてでしょう?

実は、一度プレゼンを作成した後、ここの部分で躓いてしまいました。
というわけで全面作り直し!
本来のスカプラバンドからは離れてしまいましたが、面白いものができました。
b0102247_22155619.jpeg
なぜ楽なの?
そもそも肩はなぜ亜脱臼をおこすの?

いろんな考えがありますが、肩の亜脱臼は仰臥位が原因の一つでした。
肩が後方伸展位になるのです。
b0102247_22182326.jpeg
b0102247_22183301.jpeg
装具をつければ体のバランスがよくなる。
伸展位を防げば、靱帯や関節包の緩みが緩和され、亜脱臼や疼痛が軽くなる。

危なく、今までの思い込みや常識だけでお話をしてしまうところでした。

医療に限らずなにごとも大切なのは思い込みや常識から離れること
基本ですが忘れやすいことでもあります。
講演を引き受けてよかったあ。

あ、ちなみに明日の別の講演まだ出来ていません・・・




by ccr-net | 2016-09-19 22:35 | 医療
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30