SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

熱中症にご用心

例年と比べて異常に多い異常に多い熱中症の救急搬送

連日、日本各地で35度を超える猛暑日が続いている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
熊本市でも35度を越えることはまだないものの、ここ数日34度を超えています。
クリニックでも、昨日熱痙攣(熱中症1度)の男性が来院され、補液では上下肢の筋攣縮(攣り)が改善せず
基幹病院へ救急搬送をおこないました。
結果、点滴+アレビアチン(抗痙攣薬)の静注にてようやく改善しました。
このレベルの注射薬になると循環器疾患のある方には、通常の診療所の外来では治療が困難です。
ということで、いったいどれくらい救急搬送されているのか調べてみました。
b0102247_22003971.jpg
これをみると昨年と比較し全国的に異常な数の熱中症患者が搬送されているのが判ります。
今年の熱中症患者の月別搬送数をみてみましょう。
b0102247_22032403.jpg
4月でも熱中症で運ばれる方がいるのも驚きですが、この1週間で急激に搬送数が増えているのが判ります。
熱中症の予防についてはテレビをはじめいろんなメディアで言われていますので、
今回は熱中症患者への対応について考えてみましょう。
お暇な方は、当ブログの過去ログ熱中症にご用心もご覧ください。
この分野は、意外なことに厚生労働省より環境省が力を入れています。

早見優のLet`s Study 熱中症対処フロー・医療現場での処置

熱中症の救急患者への初期対応がよく判ります。

でも、まずは予防が大切ですね!




by ccr-net | 2016-07-06 22:27 | 医療 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/25987424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31