SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

意外と大きいストレスの力

まだまだ消えない震災の爪痕

5月も下旬に入り、避難所からお見えになる方もほとんどいなくなり、引っ越しもピークを過ぎたようです。
病状が急変される方もほとんどいなくなり、クリニックでの診療も通常の状態に戻りました。

まるで挨拶のように交わされていた
〝震災の時はどうでしたか?〟という言葉も少なくなりました。

そこに一人の80代後半の女性が基幹病院から退院してこられました。
ちょうど連休明けに心不全が悪化し、緊急入院していただいた方です。
幸いあまり重度ではなく、精神的な不安感はありますが循環器はすっかり落ち着いています。
この方の場合は、内服はきちんとできており環境の変化によるストレスも一因だったようです。

昨日5月19日付けのくまにちコムに興味深い記事がでています。
地震後2週間で心不全11倍 熊本医療センターと題された、この記事は文字通り震災の怖さを物語っています。
意外と大きいストレスの力_b0102247_22380017.jpg
地震の被害や相次ぐ余震に伴うストレス、睡眠不足などが原因で、今後も患者は増加するとみられる。専門医は「塩分摂取を控え、薬をきちんと飲んでほしい」と呼び掛けている。
 同センターによると、地震前2週間の心不全患者は2人だったが、地震後2週間は22人で11倍に急増。地震後4週間では35人に上り、昨年同期と比べても3・2倍だった。
やっぱり、ストレスの怖さを侮ってはいけません。
私の周辺では、多くの方がショックから立ち直り、一見震災前の状態に戻っています。
でも、それは上辺だけのものかもしれません。
人間は意外と脆いのです。

立ち直り、歩み始めることは大切です。
でも、まだ油断してはいけません。
私たちは考えるほど強くはないのです。




by ccr-net | 2016-05-20 22:46 | 熊本地震
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31