SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

フットケアでボランティア

プロフェッショナル・ボランティアの実力を知ろう

ゴールデンウイーク最後の日曜日、
四国や関西・福岡からフットケアの仲間が震災見舞いを兼ねてボランティアにやってきました。
総勢6名、有り難いことです。
このメンバーに地元の4名を加え、今日はクリニックで午後1時から無償での足検診と爪・角質ケアをおこないました。
急な話でしたので広報ができずおみえになった方は十数名でしたが、とても充実した数時間でした。

明日は、南区城南の火の君文化センターで午前9時〜午後1時まで活動予定です。
残念ながら私は診療のため参加出来ませんが、今回のフットケア・スペシャリストのレベルは一流です。
出会える方々は、本当にラッキーだと思います。

フットケアというのは文字通り足のケアをおこなうことです。
よく足つぼマッサージと混同されますが、全く別のもので、元来足を救うことを目的としています。
実際には、足の血行再建や最近有名になったエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)、
足の角質ケアや爪のカット・矯正(巻き爪矯正)など多岐にわたります。
従って、フットケアに従事する方は、私のような医師や看護師・理学療法士から民間のフットケアスペシャリスト、
あるいはシューショップ(靴屋)のシューフィッター、義肢装具士など多くの職種が関わっています。

b0102247_22370553.jpg

今回の中心はその中のフットケアスペシャリスト、民間資格ですがその技術は私などは足下にも及びません
だからこそ、お互いを尊敬し合い、連携し、足を支えていくのです。

震災も急性期は落ち着き、次のステージにはいっています。
こうしたときに大切なことの一つが、足のケア=フットケアなのです。

多くのボランティアが震災の各地に入っています。
ただ私が知る限りでは、まとまった数のレベルの高いフットケアスペシャリストが入るのは、今回が初めてだと思います。

フットケアスペシャリスト、あなたも体験してみませんか?





by ccr-net | 2016-05-08 22:38 | 熊本地震
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31