SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

足と靴を巡る冒険

多くの人との出会いが自分を育てる

今年も残すところあと数日となりました。
そんな中、一人の方がおみえになりました。

1週間前、母趾の爪下膿瘍で、爪の一部切除と膿瘍の洗浄をおこなった方です。
受診までに近医で約5ヶ月間、抗生剤入り軟膏処置を継続し不良肉芽と膿瘍形成をおこしていました。
慢性骨髄炎を疑いXPをとりましたが骨融解はなく、周囲膿瘍も瘻孔もありません。
その後、抗生物質(クラビット)を5日間投与しての再来です。

なんと母趾の裏側に不良肉芽が出現していました。
瘻孔形成こそありませんでしたが、思った以上に周囲膿瘍は深刻だったのです。
すぐに切開をおこない、同部の洗浄をおこないました。
明日、日曜日再診予定です。

この症例で反省するのは、初診時の対応の甘さです。
長期間の抗生剤軟膏処置を考えると、耐性菌の存在と過剰処置と言われても切開術を考慮するべきでした。
創傷処置は難しいですね。

足の世界は、視ることが大切です。
いかにしっかりと視て観察するか、そこからすべて始まるのです。

靴の世界も同じです。
足の計測だけでは、何もわかりません。

視て、触って、調整して、
ようやく靴が履けるのです。

そうしたことがきちんと出来る数少ないシューショップがshoe closet PASSO & です。
福岡にある奇跡のショップです。
そのパッサンドも、来年1月閉店することになりました。
寂しいですね。

b0102247_22175011.jpg


いつもいつも思うのですが、
足の世界は奥が深く、迷うことばかりです。
それでも、この世界に身を捧げる多くの方との出会いは、本当に素敵です。

ということで、
来年も足と靴を巡る冒険は続きます。


にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-12-26 22:23 | フットケア | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/25213440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30