SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

医療スタッフに示す未来

確かな未来と道を提示できるか? それが問題

開業して13年が経ちました。
わずか7名で始めたクリニックも、いつの間にか法人全体で52名の人数になりました。
クリニック全体としては、節目節目にビジョンを掲げ、それに向かって進んできました。

さて、個々のスタッフに対しては?

メディカルクラークには、医療と患者さんのコーディネーターとしての道を、
ナースには、それぞれの個性をいかしたスペシャリストとしての道を、
PTやOTには、各自の望む方向を提示し伸ばしてきました。

けれども、未だに方向を上手く決めることのできない職種もあります。
各自も進む方向に迷い、私自身きちんとしたキャリアパスを彼らに提示できていません。

なぜでしょう?

彼らの職種をきちんと理解できていないのです。
どういう職種なのかしっかりできていないと、未来を提示することはできません。

今日、相談にやってきたリハの責任者二人にこう尋ねました。
『あなたたちは、この職種について本当に判ってる?』

ここ1年、これを理解するのが私の課題でした。
最近ようやく、少しこの職種について理解し、
彼らの未来について考えることができるようになりました。

理解できると、リスペクトできます。
〝リスペクトできるかどうか!〟これがとても大切です。

私は、私たちのクリニックの皆をリスペクトしています。
だって、私にはできないことができるから・・・

すべての職種に未来を提示できるか
それが、私の仕事であり、永遠の課題なのです。

というわけで、課題山積の私は、今日も未来について考えを巡らせるのです。



にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-05-29 23:26 | 医療 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/24531657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31