SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

やっぱり靴が大事

目の前の症状に目を奪われず、その原因の解決が大事

足にとって靴が大事なのは以前もお話ししましたが、昨日も足の痛みを訴える高校生がやって来ました。
昨日は月曜日とあって、クリニックは大賑わい。
中でも多くのスポーツ障害の新患が重なり、その対応に追われました。
スポーツ障害の場合は、そのほとんどが運動指導とリハビリテーションになるからです。
したがって限られた時間の中で当日に指導までもっていくには、必ずしも順番通りというわけにはいきません。
ということで、昨日も何名もの選手をリハビリテーション・センターで診察することになりました。
こうした場合、先にリハビリテーション室で問題点や動作の確認をおこない、私が呼ばれることがあります。
その中の一人に高校1年生の女子バスケットボールの選手がいました。

この選手、中学まではバレーボール、高校からバスケットボールを始め手関節と足の痛みが出てきました。
自分自身もバスケットボール選手だった女性の健康運動指導士に運動解析と問題点のピックアップを頼み、
彼女からの『終わりました!』との連絡を受け、診察室からリハビリテーション・センターに走っていきました。
いってみると健康運動指導士と新人の理学療法士が選手をみていました。
『問題点は?』
『手関節はシュート練習によるオーバーユースです』
なるほど、高校から始めたので追いつくためにちょっと頑張りすぎたようです。
痛みは手関節周囲の腱や筋群だけでなく、軽い関節炎も併発しています。
シュートの基本動作も少しおかしいので、その指導を二人に頼みました。

『それで、足は?』
『歩行するときに足が内返りするので、それが原因だと思います。それで足底にパーツを貼ると改善します』

新人の理学療法士が胸を張って言いました。
新卒の彼ですが、よく勉強しています。
先輩理学療法士の指導を受け、足底にインソールのパーツを貼って矯正を試みたようです。
選手に実際に歩いてもらうと、歩行時の痛みは改善します。

『で?靴は診たの?』
『靴は診ていません・・・』

やれやれ・・・この辺が経験の浅さです。
早速、足の計測をおこないました。
23cmのEです。
普段履いている通学用の靴は24.5cm、必ずしも数字がすべてではありませんがオーバーサイズです。
靴のインソールを外してみると先端にゴミが溜まっています。
インソールを床に置き直接足をのせしっかりと踏んで貰いました。
足先とインソールの間は約2.5cm、捨て寸を考慮しても長すぎます。

なぜ足が内返りして痛くなるのか?
それは靴が大きすぎるのでオーバープロネーションするのです。
靴の中で足が中滑りし、縦方向に滑るため先端にゴミが溜まり、横方向に滑るとオーバープロネーションします。
踵もはっきり片減りしています。
すべてではありませんが、多くの原因は靴にありました。

b0102247_7522528.jpg


ちょうど昨日のヘルスデージャパンにこんな記事が出ています。
かかとの痛みと題したこの記事は、米国足病学協会(APMA)のものです。
・足をしっかり支えてくれる靴を選ぶ
・それぞれの活動にふさわしい靴を履く
・靴底やかかとが擦り切れた靴は処分する
・ランニングや運動の前後に準備運動やストレッチを行う
・減量する
・栄養に富んだ食事を摂る
・十分な休息をとる

全くその通りなのですが、意外と見過ごされやすい盲点でもあります。
足の痛みで整形外科を受診される方の多くが踵骨の骨棘を指摘されています。
けれども問題は骨棘そのものでなく、それができた原因にあるのです。

昨日の女子選手は、結局現在の靴にインソールの追加をすること(通学用の靴で高価)にしました。
その後、基本動作の指導をし、また別の日にバスケットシューズを持参し、再度チェックに入ります。
新人の理学療法士は目の付け所はよかったのですが、残念ながら経験が足りませんでした。
木を見て山を見ずです。

大切なのは症状では無く、
その原因が何なのか考えることです。
目の前のものに惑わされると、
一時的に症状は良くなっても問題は解決しません。


昨日は高校総体のサポートに2名スタッフを奪われ、ちょっと大変でした。
プロフェッショナルボランティアは、結構悩みが多いのです。



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-06-03 07:53 | 健康
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31