SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

フィールドと医療の優しい関係

スポーツ医療は現場との連携が大事

総体の時期を迎えスポーツ障害で来院するアスリートが増えてきました。
毎日様々な競技の子供たちがやってきます。
柔道や剣道、サッカーやバスケット、バドミントン、テニスなど様々ですが、
もっとも多いのは野球と陸上競技です。

そんな中、今日も一人の陸上選手がやってきました。
陸上の名門校に所属する一年生のこの選手、中学までは別の競技をしていました。
本来の脚力を見込まれ、昨年の秋から陸上に転向し晴れて名門校に入部したのです。
他の競技ではあまりありませんが、中学校には陸上部がないところが多く、こうしたことがよくあるのです。
さて、入学後一生懸命がんばった結果、左脚が痛くなり当院受診となりました。
疼痛は左脛骨遠位に限局しシンスプリント(脛骨骨膜炎)ですが疲労骨折も否定できません。
この時期に必要なのは、正解な診断と迅速な治療。
なぜって、それでレースへの参加や練習の内容を決定するからです。

緊急MRIの結果、疲労骨折はなくシンスプリントでした。
下肢の疼痛もリハビリテーションとテーピングで改善します。
すぐに監督の携帯に連絡しました。

『検査の結果、シンスプリントです』
『それはよかった。週末のレースは欠場ですよね?』
『それが本人は出場する気満々です。疼痛もテーピングでほぼ消失します。』
『ということは?』
『出場させましょう。休息はそのあとで』
『あとはノンビリですね』

こうしたコミュニケーションがスポーツ医療には必須です。
けれども実際にはなかなか難しく、監督との密接な関係はまだこの一校です。

b0102247_22404752.jpg


スポーツ指導者の皆さん、
私たちはあなた方とのコミュニケーションを必要としています。
それは医療のためであり、
スポーツのためであり、
なによりアスリートのためなのです。


今日の選手が週末によい結果がでますように!



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-05-27 22:41 | 整形外科
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30