SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

高齢者を中心としたソーシャルデザイン

私の夢の街

最近、あちこちにサービス付き高齢者が出来ています。
高齢者のための居住と福祉を提供する施設ですが、なんだか画一的で魅力が無いなあ・・・
そう思ってしまうのは、私だけでしょうか。

もっと他の形はないのでしょうか?

街の中に出てみると、繁華街でもシャッターの閉じた店がちらほら・・・
熊本一のアーケード繁華街と言われた下通や上通でも2Fから上は結構空き室が多いようです。
なぜだか判りませんが、賃料が単に高いのか、2Fでは客が入らないのか、そんなところかもしれません。
街を歩く人は多いのに、不思議ですネ。

さて、この状況を一気に解決する方法を私は夢の中で考えて見ました。

建物をすべて5階建てとし、2Fから上は高齢者住宅にします。
1Fは可能な限り食べ物屋さん(食堂)や雑貨屋にします。
パン屋やケーキ屋、八百屋や魚屋、肉屋や米屋もいいかもしれません。
その中にお風呂屋さんや診療所・居宅支援事業所や訪問看護事業所などのビルも作ります。
映画館や美術館もいいでしょう。
そうするとちょっとした街ができます。
2Fから上は高齢者専用の住宅ですので、下に降りれば何でもあります。

孤独な郊外の施設では無くて街のど真ん中にあること、
それがよいのです。

ビルは中層化することで1戸あたりの居住料金は低く設定すること可能になります。
1Fの店舗は利用者が2F以上に沢山いることで、逆に賃料を上げることが可能になるかもしれません。
そして、街中に居住することにより、家族や友人の来訪も増えるでしょう。
街に本当の活気が戻るのではないでしょうか・・・

b0102247_224869.jpg


高齢者に必要なのは、
隔離ではなく日常なのです。
街の中で普通に暮らすこと、
普通のものを普通に食し、買い物し、談笑する・・・
そうした日常が、生きる喜びを生むのではないでしょうか。

可能であれば、
昔靴屋さんだった方が1日だけ靴の修理をする、
もとパン屋さんが焼くパン、
かつての達人が打つ蕎麦、
そんなお店が日替わりであれば、それがその方達の生きがいにも繋がっていくでしょう。

郊外のショッピングセンターに対して空洞化していく街の中心部、
それを解決するのは、もしかしたらこんなことかもしれません。


私の夢のソーシャルデザイン

あなたの夢はどうですか?




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-11-26 22:49 | 介護・福祉 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/21543804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31