SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

時代と共に変わるかかりつけ医

時代が求めるかかりつけ医はなにか? それが問題

先週からの外来ラッシュでちょっとグロッキー気味です。
朝から夜までのノンストップ診療も、5年目にしてちょっとつかれてきました。

今日は朝から圧挫創+骨折の女の子の創洗浄をおこないました。
その後のんびりすごし、午後から旧クリニックの片付けをおこないました。
5年前に新クリニックに移転したまま、ほぼ放置状態でしたが、来年1月からの新サービスをここでおこなう予定で、そのための改装工事に備えてのものです。
あちこち片付けていると、懐かしい物が幾つか見つかりました。
手作りのパンフレットや、皆で毎週月曜に行っていた勉強会で使用したテキストとなった本、
開業時のメンバーと取材にお見えになった俳優さんとの写真などetc, etc ・・・

b0102247_2314625.jpg


この頃は小さなクリニックで、
診察室にいてもリハビリテーション室の声が聞こえ、
『ああ、そうじゃないから!』と、大声で指示を出すことができました。

何をやるにも皆でワイワイ、
勉強会も全員参加、
クリニックのパンフレットや生活指導箋も手作りでした。
楽しいクリニックでしたが、自分の理想の医療をめざし、現在のクリニックをオープンしました。

当初の予定と異なり、医師の人数が揃わず、昨年よりようやく田中医師が加わり、理想に近づきつつあります。
でも、在宅患者が増え、外来も増え、私も田中医師も大忙し・・・
外来の待ち時間も大幅に伸びています。
ここが、かかりつけ医の限界点でしょうか?
いえ、医師を増員すればもっと速やかな医療が可能になります。
でも、それに伴い更に患者さんが増えれば・・・結局、イタチごっこかもしれません。

ではどうすれば、いのでしょう?
答えは幾つもあるような気がします。
その一つは、厚生労働省の進める医療と介護の地域包括ケアシステムなのかもしれません。

小さなクリニックでできたこと、
今のクリニックでできること、
それは、どちらがよいか判りません。

かかりつけ医の限界点・・・
それは結局、医療者と患者の双方が何を求めるかによるのかもしれません。
さて、次の一手は?



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-11-10 23:03 | 医療 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/21443914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31