SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ミスパイロット 手塚晴の判断は正しいか?

何を優先させるか、それが大事

10月からの新ドラマ、視聴率はドクターXが1位ですが、堀北真希主演のミスパイロットも健闘しています。
このドラマ、女性パイロット研修生のお話ですが、第2話は地上勤務訓練の話です。
その中で、千歳行き最終便に羽田で乗り換えする便の到着が遅れます。
既にかなり遅れているために乗り換え時間は最大で10分!しかも高齢者中心の団体旅行客です。
この時のグランドスタッフの判断は、翌日の便に振り替えるというものでした。
他の便や利用客を考えるときわめて正しい判断ですが、これに堀北真希が異議を唱えます。
結局、研修生一丸となって何とかセーフ・・・めでたしめでたしとなるのですが、
果たしてこれでよいのでしょうか?

羽田空港の年間航空機発着回数は約38万4000回、航空旅客数は約6369万人です。
つまり1日あたり1052便、17.4万人が利用しています。
1時間あたり44便、なんと1.36分に1便発着しています。
つまり、ここでいう10分は、通常私たちの過ごす10分とは全く異なる時間なのです。
ということは、今回のエピソードは結果オーライ、
判断はグランドホステスの判断が正しいのではないでしょうか。

全く質は異なりますが、先日私たちのクリニックでも似たことがありました。
現在クリニックでは午前・午後2回のみなしデイケア(通所リハビリテーション)をおこなっています。
ある日の午前のデイケアが終わる頃、一人の利用者の女性が具合が悪くなり診察処方をおこないました。
支払いの段階になり、さらに別の訴えが有り送迎時間を過ぎてしまいました。
デイケアは原則として希望される方は送迎をマイクロバスでおこないます。
当日送迎を必要とする方は7名、結果としてこの方1名のために15分出発時間が遅れてしまいました。

これについて、翌日チーフクラークの栗原と担当クラーク2名から報告を受けました。
報告内容は、『判断が間違っていました』ということです。
改善策は、『次回から同様のことがあった場合、処方薬は後ほどお届け、会計作業は後日』というものでした。
さて、そうでしょうか?

私が考える対応策は違います。
他の利用者の方の出発は予定通り。
診療を受けた方は、きちんと薬剤の処方や服薬指導を受けた後、タクシーでお送りするというものです。
(交通費はクリニックが負担します)


この場合、裁量権(エンパワーメント)はクラークにあります。
判断は現場に、責任は私に・・・
それが私たちのモットーです。

『この対応が一番、いいでしょう?』
そう尋ねた私に、クラークの顔には微笑みがありました。
最善策は判っていたはずです。
ただ、決断ができませんでした。

大切なもの、
無駄なもの、
何を優先するか、それが判っていれば、行動はいつでもできます。

間違っていてもいい、
でも無難な策ではなく、最善を選んで欲しい。


b0102247_2285682.jpg


ミスパイロット

皆さんも一度いかが?





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-10-27 22:22 | その他 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/21360305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31