SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

理学療法士はアスリートの夢をみるか?

原田賢治38歳の挑戦はどこまで続く

以前、アスリートを診るのはアスリートというタイトルで、当院理学療法士の原田賢治を紹介しました。
彼は理学療法士でプロのウエイクボーダーですが、2008年Mastersワールドチャンピオン・2011年プロベテランズリーグチャンピオンという輝かしい記録の持ち主です。
その原田賢治ですが、今シーズンも頑張っています。

・ウェイクシリーズ第1戦 Mother Lake Biwa Cup       1位
・ウェイクシリーズ第2戦 The 10th Canal Festa Toyosu    2位
・ウェイクシリーズ第3戦 北海道ウェイクボードフェスティバル  1位
・ウェイクシリーズ第4戦 JAPAN CUP              5位

第4戦でちょっと失速しましたが、現在のツアーランキングは1位、
2位の猛追を受けており、事実上の二強対決となっています。
残る第5戦(最終戦)が楽しみですね。

スポーツリハビリテーションの世界は不思議なところです。
そうでないところも沢山ありますが、多くの施設でスポーツの現場を知らずに治療がおこなわれています。
勿論、基本的な事や共通のトレーニングは必須ですが、その競技の特性や個別の現場の理解が大切なのです。

現場感覚を持つこと、
現場へ出て行くこと、
そのどちらもが大切なのです。

b0102247_22454180.jpg


理学療法士がアスリートである必要はありません。

でも、アスリートの視点でリハビリテーションをおこなうと、そこには新たな世界が開けそうです。

リハビリテーションのイノベーションは、こんな所にもありそうです。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-09-26 22:49 | CLINIC
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30