SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

マタニティー・リハをご存じ?

妊娠・出産・産後の腰痛は専門の治療が必要

妊娠中の腰痛や産後の腰痛は、比較的多く見られる症状ですが、放置されることも多いようです。
私たちのクリニックにはよくそうした患者さんがおみえになります。
今日みえたのは2名、いずれも授乳婦の腰痛で、妊娠中からあった腰痛が強くなったとのことです。
こうした場合、薬剤の使用は注意が必要です。
妊娠中はもちろんですが、授乳中の薬剤もリスクがあります。
鎮痛剤はアセトアミノフェン以外はリスクがありますし、
胃薬もセルベックスは大丈夫ですが、駄目なものもあります。
外用薬についても同様で、多くの薬剤が授乳中は使用できません。

ということで、クリニックでは基本的にセラピストによるリハビリテーションを推奨しています。
勿論、妊婦中や産褥期・授乳期の女性の体は通常とは違いますから、専門的な知識と技術が必要です。
そうなると自ずとセラピストは限定され、クリニックでは女性理学療法士の荒川知美が担当しています。

マタニティー・リハをご存じ?_b0102247_22502669.jpg


妊娠中の腰痛の治療には前述の薬剤以外にもいろいろ制限があります。
電気治療などもリスクがあるので、要注意です。
勿論、無茶な運動やマッサージもいけません。


妊娠中の腰痛や産後の腰痛は、適切な運動や治療で改善することができます。

まず、専門医を受診すること、

可能であれば、妊婦に対する専門リハを受けましょう。

ちなみに、クリニックではこうしたリハをマタニティー・リハ(造語です)と呼んでいます。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2013-05-17 22:51 | 医療
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31