SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ついたちと朔

月の始まり

昨日から10月が始まりました。
新しい月の始まりですが、毎月1日は「いちのひ」と私の住んでいる付近ではいいます。
「いちのひ」には老人会や各種会合があり、高齢の方の来院が減る日です。
『今日は患者さんが少ないね』
『いちのひですから』
そうした会話が、クリニックでは交わされます。

月初めの1日は、このように「いちのひ」「ついたち」と言われ、他の日とはちょっと違うようです。
「ついたち」は、井上真花さんがFacebookで『仏壇に手を合わせていた』といわれるように特別な日です。
「ついたち」は朔(朔日)と書き、月の始まり、つまり新月を意味しています。

朔は朔日参りという催しがあるように特別な日、
子供の頃は祖母と神棚に手を合わせる日でもありました。

旧暦では朔が新月と一致していましたが、太陽暦となりすっかりずれてしまいました。
(9月30日は見事な満月でした)
七夕の時も書きましたが、こうした日本特有の季節をあらわす行事や日が、すっかり暦とずれてしまいました。
こんな時、旧暦はいいなあ、と思ってしまいます。

ついたちと朔_b0102247_7155375.jpg


ついたちは朔、
十二支で遅れてしまったイタチを想い、神様がツイタチとつけたといういわれの日、
新しい月が始まる大事な日です。
皆様にとってよい月でありますように。




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2012-10-02 07:17 | その他
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31