SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

寛容であること

自分にも他人にも寛容であること・・・退く勇気

最近のクリニックはちょっと大変です。
長年クリニックを支えてくれたチーフ・クラークが結婚を機に退職し、
機を同じくして若手の看護師がやむを得ない事情で離職しました。
一気に大切な二人を欠いたしわ寄せは、残りのスタッフに押し寄せます。
他所から見れば『無駄に多い』と思われたクリニックスタッフは、実は無駄な人間など一人もいません。
懸命に個々の仕事を常にベストエフォートでおこない、現在のクリニックのレベルを維持しているのです。
そこで二人が抜け、バランスが崩れました。
皆が少しずつ自分の限界点を超えてきたのです。

ではどうすればよいのでしょう?

勿論人材の補充が出来ればよいのですが、医療界は慢性の人手不足・・・
そんなに簡単ではありません。
少しずつきしみ始めたチームの輪、
そんなチームの皆に対し、私は一つの言葉を投げかけました。

寛容であって欲しい、
自分にも他の者にも・・・


自分のベストエフォートを少し下げること、
人にもそれを要求しないこと、
そうすることで、またゆっくりとチームの輪は回っていきます。
結果として、私たちの目指すものからは少し遠のくかもしれません。
でも、退く勇気も必要です。

これと同じ事を、このクリニックに移った3年前にも皆に告げました。
それまでの診療所とは規模の違う患者の量と維持されるべき医療の質・・・
『くやしいけれど、ここは一歩後退』
そう皆に告げ、その時の言葉通り、私たちは3ヶ月後には元の位置に戻りました。

寛容であること、
それは少しだけ自分自身の目標点を下げることです。

意外なことに、医療の質を下げることなしに今の私たちはそれが可能となっています。
一般的にみれば過剰とも思われるサービスを提供すること、
でもそれが私たちの目標です。

寛容であること、
その言葉に悔しさがないといったら嘘になります。
でも、それが今の私たちにできること。

今回は3ヶ月後に戻ってこれるかどうかは判りません。
でも私の言葉に皆は真剣に耳を傾けてくれていました。
退く勇気・・・
時にはそれも大切です。

We shall return

Maybe,

Next three month




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2012-09-28 22:49 | CLINIC
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31