SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

天気と痛みの不思議な関係

悪天候と自律神経のメカニズム

台風の接近に伴う梅雨前線の活発化で熊本では大雨注意報が出ています。
既にかなり雨が降っていますが、今日はいろんな行事が目白押し・・・困ったものです。

さて、『雨が降ると頭痛がする』『天気が悪いので痛みが強い』とは整形外科でよく耳にする言葉ですが本当でしょうか?

頭痛に関しては、一般に気圧が関係があるといわれています。
すなわち、気圧が下がると脳の血管を押さえていた圧力が下がるため、血管が拡がりやすくなり発症するのです。
片頭痛は脳の血管が拡がることによりおこりますから、理にかなっています。
でも、筋緊張性頭痛はどうなんでしょう?
また体の痛みや体調はどうして気圧が下がると悪くなるのでしょうか?

これにはどうも自律神経が関係しているようです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は活動にかかわる神経で、日中の活動時に優位に働き、心臓の拍動や血圧、体温などを上げる働きをしています。
一方、副交感神経が優位だと、心臓の鼓動は緩やかになり、腸の蠕動運動が活発になって食物の消化が促されます。血管が拡張して血液循環も良くなり、臓器の排泄・分泌能が高まります。
気分はのんびりと和み、全身がリラックスモードになります。
この交感神経と副交感神経は一定のリズムでバランスをとっており、昼間は交感神経・夜間は副交感神経が優位になります。
低気圧になると、この副交感神経が優位になります。
すると、生体のエネルギー消費を抑えるので、『やる気がでない』『体がだるい』といった症状が出るのです。
では、痛みはどうして出るのでしょう?

気圧が低下すると、ヒスタミンが血中に増加します。
ヒスタミンは刺激に反応して増加し、アトピーや喘息などの アレルギーや炎症を起こすことで知られています。
また、血管拡張作用や血管から水分を 周囲組織にしみ出させる作用により、血圧を急低下させます。
同時に、ヒスタミンは神経伝達物質として 交感神経を刺激します。
すると交感神経の作用で痛みが増してきます。
どうしてでしょう?

交感神経は、筋肉や関節周辺では血管を収縮させ、血行が悪くなり疼痛がおきやすくなります。
同時に、脳の血流は逆に増やすため、前述の偏頭痛も 起きやすくなります。
さらに、痛み自体が交感神経を刺激し、いわゆる悪循環になります。

まとめると次のようになります。
低気圧で副交感神経が優勢で気怠いところに、ヒスタミン作用 で交感神経へ逆の指令も来るため混乱し、自律神経失調状態(要するにパニック)となる上に、ヒスタミンと 交感神経のダブルの作用で血行が悪くなり、痛みに対処できなくなるのです。

なんだか複雑ですが、お判りになったでしょうか?

天気と痛みの不思議な関係_b0102247_762698.gif

天気と痛みの不思議な関係_b0102247_74478.gif

今日の九州地方の気圧は下がっています。

大荒れの週末となりましたが、皆様くれぐれもお大事に!





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ   

押してね ♪
by ccr-net | 2012-06-16 07:07 | 健康
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30