SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

リスクゼロの手術なんてない

医療になぜか求められるリスクゼロと成功率100%の不思議

今日、ローライズパンツによる腰痛の患者さん(結構いらっしゃいます)に疾患説明をしていて、その方の他科の疾患について意見を求められました。
婦人科系の疾患に対する手術ですが、ここで定番とも言える質問がでました。

『手術のリスクはゼロでしょうか?』
『成功率は100%でしょうか?』


誤解がないように申しますが、この方はごく普通の女性で特に神経質と言うわけではありません。
専門分野ではないので、一般的なお話をし詳細は専門医にお尋ねになるようにお話をしました。
最後は笑顔でお帰りになったのですが、こうしたことは実は医療の現場ではよくあります。

『その治療は危険性はゼロか?』
『必ず良くなるのか?』

ご自分の命や体に関わることなのでお気持ちはよくわかるのですが、これってちょっとおかしくありませんか?

人が生きていく上で、リスクゼロなんてものは実は存在しません。

道を歩いていれば、常に交通事故の危険性はありますし、
食事をすれば、食中毒の可能性だって有ります。
化粧品にはアレルギーのリスクがありますし、
あなたが乗っている飛行機が落ちる可能性だってあるわけです。
そんなことは皆判っているので、誰も『リスクはあるのか?』なんて質問はしないのです。

医療は、メディケーション(薬物療法)・オペレーション(手術)・リハビリテーションなど、
そのすべてに常にリスクがあります。
また、その治療効果は100%などということはありえません。
ただ、私たちは少しでもそのリスクを減らし、
その効果を100%に近づけるよういつも努力しているのです。
b0102247_2372462.jpg

医療は常にリスク(危険性)とベネフィット(得られるもの)のバランスで出来ています。
患者さんにとってのベネフィットがリスクを上回る、だからこそ医療がおこなえるのです。
そのリスクとベネフィットのバランスは、病気の質や重さによって異なります。
癌などの悪性疾患ではリスクの比重は重く、より軽症の疾患では軽くなります。

そのリスクを背負うのは私たち医療者だけではありません。
患者であるあなたも背負うのです。

リスクは常にあります。
でもそれを極限まで減らし、より高いベネフィットを得るために日々努力をしていくのです。
それは私であり、患者であるあなたでもあるのです。


リスクゼロの手術、
成功率100%の手術、
そんな時代がいつかくればいいですね。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2012-02-28 23:09 | 医療 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/17884041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30