SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

進化する痛みの治療

終焉を迎える消炎鎮痛剤の長期投与

今日は診療終了後、大急ぎでトラムセットの勉強会に出かけました。
先週はリリカを中心とした慢性頭痛のワークショップに東京まで出かけていましたので、ここのところ疼痛管理の勉強でいっぱいといったところでしょうか。
今回のお目当ては、仙台ペインクリニックの伊達久先生、伊達政宗の17代目の末裔にあたるという吃驚の血筋ですが、最先端のペインクリニックを仙台でおこなっておられる今もっとも注目すべき医師です。

仙台ペインクリニックは単なるペインクリニックとはちょっと違います。
4名の麻酔科医・1名の整形外科医・1名の精神科医、それに理学療法士や心理療法士を擁したまさに痛みのトータルケアができる全国でも例をみない有床診療所です。
ここでは以前当ブログでも腰痛治療の新しい波他でご紹介した認知行動療法も行われています。
今回はそうした伊達先生の医療の一部である薬剤による疼痛管理について、トラムセットの使用法を中心としたご講演でした。

内容の多くはすでに理解しているものでしたが、細かな使用法・留意点など非常にためになるものでした。
先週のワークショップとはまた異なる視点からのものでしたので、1+1=3となったような気がします。
この2つの勉強会は、今後の私自身の疼痛治療の方向性を決めていく一つの転換点となりそうです。

b0102247_22441830.jpg

痛みの治療は常に進化しています。
もちろん私たちのクリニックも。
これからの1年、その進化がとても楽しみですね。



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2012-02-16 22:45 | 医療
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31