SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

明るい高齢化社会

大切なのは地域のコミュニティーと絆

昨日は、東京より大好きな渡部須美子さんが1300kmの距離を越えて来熊されました。
特別なご用事ではなく顔を見に来られたとのこと・・・
私たちの師であり、心の友であり、素敵なアドバイザーでもあります。
半年ぶりの再会に花が咲き、最後はクリニックの慰労会にもサプライズで参加して頂きました。
(今年は恒例のホテルでの忘年会は様々な理由で自粛しました)
一回り以上歳の離れた渡部さんですが、今後の日本の医療保健情勢には共通の危機感を持っています。
その中で、各々のできることをやっていく、
勿論方法論はそれぞれ異なりますが、目的は同じです。
来年もお互いに刺激し合いながら、自分の目標を達成できればと思います。

一夜明け、彼女は再び1300kmの彼方へ飛び立っていきましたが、今度はお隣の西山中学校での仲間たち、
先週に引き続き健康さるく熊本西の活動です。
一新スポーツフェスタへの出動で、私たちのクリニックは私を含め4名(私、健康運動指導士3名)。
西保健福祉センター・青磁野リハビリテーション病院・大塚製薬と一緒に健康活動をおこないました。

明るい高齢化社会_b0102247_16294616.jpg
明るい高齢化社会_b0102247_16292674.jpg
明るい高齢化社会_b0102247_1629777.jpg

多くの地域の方にご参加頂き、盛況でした。

高齢化してきた地域ですが、
歳をとったからいけないなんてことはなく、
歳をとっても、元気で楽しく生きていければいいのだと実感しました。

日本は大変だ、
不況だ、
未来がないとよく言われます。
けれども、50年前、私がようやく小学生に上がる頃、
目の前におられる方々は、20代・30代でした。
その頃の暮らしはとても貧しく、今の日本とは比較になりません。
今、私たちの生活は豊になりましたが、
地域のコミュニティーは活気を失い、逆に豊かではなくなりました。

怖がることはありません。
私たちは豊かです。
ただ、人との絆や心の豊かさを失いつつあるのかもしれません。

楽しく豊かな高齢化社会、
それを作るのは私たち自身です。

明るい高齢化社会_b0102247_16412370.jpg


大切なのは地域のコミュニティーと絆、
私たちには希望があります



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-12-04 16:51 | その他
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31