SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

案ずるよりは生むが易し

寝た子を起こすな

整形外科をしていると怪我や骨折の症例は日常茶飯事、
縫合や骨折の整復で大わらわの日もあります。
昨日は、そんな1日でした。
3歳の男児が目の横を切りお母さんと来院しました。
以前もご報告したようにこの年齢の男児はやっかいです。
女児のように肝が据わっておらず、大暴れすることが多いからです。
(一般に女の子がお利口さんです)
保育園で貼ってもらったガーゼを外すだけでも大騒ぎ・・・
さてさて、先が思いやられます。
本来縫合が必要な20mmの傷ですが、本人の協力が得られない場合は縫合できず接着剤でとじることがあること(以前ダーマボンドでの創接着術についてで報告しました)を母親に説明し、取りあえずキシロカインゼリーで処置しました。

さて、それから15分後・・・

男児はすっかり疲れて母親の胸で眠っています。
静かに縫合準備を終えると、看護師3名で子供を優しく(?)押さえ、縫合にとりかかりました。
まずは、優しく1針・・・目を覚ましません。
続いて2針、3針・・・
結局4針縫合しました。
こうした場合、6.0ナイロンを使用することは、以前もご報告した通りです。
局所麻酔なしの縫合はいかが & 麻酔は必要ですか?

よかった、よかったとスタッフ一同とお母さん、胸をなで下ろしたのはいうまでもありません。

案ずるよりは生むが易し_b0102247_23134062.jpg

案ずるよりは生むが易し

やっぱり子供は疲れさせるのにこしたことはないのかもしれませんね。

寝た子は起こすな・・・今回の教訓です


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-11-18 23:14 | 整形外科
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31