SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

骨粗鬆症の最新治療が登場

テリポン登場

骨粗鬆症の治療と言えば、ガイドラインによるBPS製剤(ビスフォスフォネート)やSERMが中心です。
けれども最近は新しい活性型ビタミンDや今までにない骨形成促進剤が出てきています。
その代表選手がフォルテオですが、少なくとも当院においては新鮮椎体圧迫骨折の切り札となっています。
欠点は連日の自己注射ですが、それも無痛ですのでほぼ全員が克服できています。
というところに、昨日CareNetにテリボンに「世界最高水準の骨折抑制効果」という面白い記事が出ました。

で、テリポンってなあに?

テポドンと間違いそうなこの名前ですが、実は凄い薬のようです。
鳥取大医学部の萩野浩教授は10月24日、旭化成ファーマ主催の骨粗鬆症治療薬テリボン(同社が9月に承認取得)の記者発表会で、国内フェーズ3試験結果について、「新規の椎体骨折発生率がプラセボ群と比較し、78.6%減少した。日本人でこれだけの骨折抑制効果を得られたのは全く初めて」と述べ、同薬が世界最高水準の骨折抑制効果を持つとの認識を示した。
・・・・
国内の骨粗鬆症治療薬で多く用いられているビスホスホネート系薬剤は、骨吸収を防ぐ働きがあるが、テリボンは骨形成を促進する働きがあるのが特長。日本イーライリリーが昨年10月に発売したフォルテオと同一成分だが、フォルテオは1日1回自己注射で投与するのに対し、テリボンは週1回、医療機関で投与を受ける。

現在骨粗鬆症のゴールドスタンダードはBPSですが、既に多くの負の論文が出ていることは既出の通りです。
当blogビスホスホネートの使用に関する混乱

現在のフォルテオの効果を実感しているので、このテポドンいやテリポンには大変期待しています。

b0102247_22393132.jpg

がんばれテリポン、
果たしてその実力は?




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-10-27 22:43 | 医療 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/16521634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30