SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

オリーブの生命力に驚く

オリーブの樹は強い
今日は昼から自宅駐車場と玄関アプローチの樹木の手入れをしました。
手入れと言ってももう長い間見て見ぬふりをしていたので、荒れ放題。
鉢から植え替えたオリーブも今や大木、3.5mの高さで塀を越え隣の私道にも大きく枝を伸ばしています。
このオリーブが2本絡み合うような形で枝を伸ばし、隣のシルクジャスミンもいつの間にか3mとなっています。
実はこのオリーブの樹、2年前にばっさり切り1.5m位につんつるてんに刈り上げてしまいました。
そのとき妻から『これはさすがに復活しないでしょ』と言われたのですが、半年ほどですっかり元に戻り、今やジャングルと化していました。いやはや、オリーブの生命力は強いものです。
さて先延ばししていた剪定ももはや限界、鋸と大型の剪定ばさみを手に挑みました。
オリーブの生命力に驚く_b0102247_19305717.jpg
まず、シルクジャスミン。これは簡単!

枝の太さも太いところで直径2cmほどで、
剪定ばさみの効かないところは、
鋸で簡単にばっさり!

高さも3m程ですから、
脚立に乗ってぱちぱちとカットしました。

きれいに咲いたシルクジャスミンの花も、
半分位はカットしました。

とても良い香りです。


さて、次は巨木となったオリーブの樹・・・
まずは余分な枝を手の届くところから落としていったのですが、上の方は脚立に乗っても手が届きません。
となれば適当な高さで、幹から落とすしかありません。

これが大変!
なんと幹の太さは直径15cmほどになり、
下の方ならまだしも地上2mの脚立に乗って切るのですからなんとも難しい。
片手で枝につかまり身を乗り出すようにして右手で鋸を使っていきます。
引いても引いても、切れません。
本気で電動鋸を買いに行こうかと考えました。

高所での作業ですので長続きせず、
切っては一旦地上に降り、
下の枝を剪定し、
また登ってというのを繰り返し、結局他の雑草取りも含めて3時間程度かかりました。
オリーブの生命力に驚く_b0102247_19412973.jpg

このジャングルのような状態が切り落としたオリーブの山です。
2tトラック分あります。
写真がぶれているのは、疲労のため手が震えているためです。
その後、アプローチの茨と化したバラをきちんとし、ようやく片付けていると妻がやってきました。

『あら、きれいになった!』
『大変だった・・・』
『今度からは、植木屋さんに頼みましょうね』
〝電動鋸を買ってくれ・・・・〟と言いたいのですが、
さすがに疲れていて小さな声で『いや・・・』と言いました。

さて、次回は花を植える作業ですが、何を植えましょう?
この時期だとウインターコスモスやガーデンシクラメンでしょうか。

でもその前に疲労したこの右手、
明日の注射ちゃんと震えずに打てるでしょうか?



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-10-02 20:01 | その他
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31