SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

低脂肪食にトライしよう

やはり大切な低脂肪食
6月9日のヘルスデージャパンに低脂肪食が糖尿病リスクの低下に有効という興味深い報告が出ました。
低脂肪食の効果についてはこれまでも多くの論文が出ていますが、勿論例によって否定的見解も出ています。
例えば低脂肪食に換えるだけでは糖尿病リスクは下がらないというのがそれですが、一般的には低脂肪食は効果があるといえるでしょう。
前述の研究で、Barbara Gower教授は次のように述べています。
「重要な点は、2型糖尿病のリスクに関しては、食べ物の“量”ではなく“質”に注意することで変えられるということである」と説明している。また、日常の食事における脂肪の割合を少し抑えることで糖尿病リスクを長期にわたって低下させられるとし、「必要な変化はごく小さいもので、それゆえに自己調整が可能だ」

では、早速低脂肪食に切り替えたいところですが、元来日本人の食事は低脂肪食でした。
とすると、やはり気をつけなくてはいけないのはファストフードに代表される外食でしょうか。
ということで、早速調べてみました。
まずは、ファストフードのハンバーガー or サンドイッチ。
マクドナルド・モスバーガー・フレッシュネス・ロッテリアは、ほとんどのハンバーガーメニューは脂質10g以上!
サブウエイのみ半分が脂質10g以下5グラム前後のも多いという結果が出ました。
続いてファミリーレストラン。
すかいらーくはグループ全店で脂質表示のあるものが非常に少ないようです。
デニーズは表示はありますが5g以下だとサラダくらいでしょうか。
期待の和食のファミレスですが残念ながらほとんど脂質の記載がありません。
その他スターバックスを中心としたカフェも記載がありませんね・・・
手軽なコンビニ食品も寿司を含めても5g以下はほとんどありません。

結局、低脂肪食レシピで作らなければいけないようですね。
例えば牛ヒレ肉のポトフ仕立てだと219Kcal、脂質4.5gと超ヘルシー!!
低脂肪食にトライしよう_b0102247_2253422.jpg

ちなみに練り物は脂質が少なく100g当たり脂肪含有量は、はんぺん1g・蒲鉾0.9gと圧倒的な低脂肪!

ということで、たまには低脂肪食にチャレンジしましょう。
もっとも、日本の正しい朝ご飯は卵焼きを除けば低脂肪でとてもヘルシーですが・・・

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-06-13 22:57 | 健康
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29