SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

退く勇気

いつか戻る日
ここ数日診療後の疲労感が大きく、ブログ更新もあまり出来ない状態でした。
土曜日午後より珍しく休日診もおこなわず、今日は午後から妻と熊本城の桜を眺めに出かけました。
満開の桜は既に散り始め、一部は葉桜もみられます。
個人的には、花びらの散るこの時期の桜が大好きです。
今はもうないかもしれませんが、昔、田園調布のレピドールの店内からみる桜はとても素敵でした。

満開の桜が散る姿、
とても美しくそしてはかないものです。

さて、なんで病気でもないのにこんな風に疲労感が強いのだろうとこの週末考えてみました。
その原因として心当たりがありました。
それは、先週スタッフ全員に『5月からのノンストップ診療をやめる』と伝えたことです。
2年前に新しいクリニックをオープンして以来、ずっと守ってきたノンストップ診療・・・
『医療機関だけなぜ昼閉まるのか?』
そういう素朴な疑問に答える形でおこなってきた、私たちのクリニックの看板でもあります。
そのノンストップ診療を辞め、5月より他の医療機関と同様に12時半〜14時まで休診としました。

これには2つの理由があります。
一つは五月より、今まで外来を休診し手術や往診をおこなっていた水曜日午後も通常診療をおこなうようになったことです。ここでできなくなった往診・在宅医療はとても週末ではまかなえません。
そのため平日午後1時〜2時に分散しおこなう必要がでてきました。

もう一つは、この2年間で予想以上にスタッフの精神的疲労感が蓄積したことです。
勿論、私以外のスタッフは交代で90分の昼休みをとっています。
(実際には60分しかとれないこともありますが)
けれども、クリニックが常時オープンしているということは思った以上に私を含めスタッフ全員に重い心理的負担(ストレス)を強いてきたようです。
それは、この2年間で澱のように私たちの心や体の中に蓄積してきたように思えます。
これと同じような経験を私は前職の3次救急病院でしています。

理想を掲げてやってきました。
でも、現状のクリニックでは限界のようです。
そのため、この4月いっぱいでノンストップ診療は一時休止することを決定しました。
代わりに水曜日午後も一般診療をおこなうようにしたのですが、一歩後退であることは否めません。

この決定をおこなうまで何度も自問自答してきました。
スタッフの増員も検討しました。(現状でもクリニックだけで31名のスタッフ、そのほとんどが常勤職です)
けれども、いくらスタッフを増員しても現在の疲労感は拭えないのだと気づきました。
くやしいけれども、私たちの力不足なのです。

ここは、一歩後退・・・
いずれ、
必ず、
より進んだ形で、
本当の意味のノンストップ診療を再開したいと思います。


今日4月10日は、せんだメディカルクリニックの開院記念日です。
私たちは、必ず戻ってきます。

退く勇気_b0102247_19444387.jpg

退く勇気_b0102247_19442954.jpg


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-04-10 19:49 | CLINIC
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31