SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

すべてを失って得た希望

村上龍のNewYorkTimesへの寄稿が素晴らしい
作家の村上龍(敬称略)がNewYorkTimesにAmid Shortages, a Surplus of Hopeと題したとても素敵な寄稿をしています。
内容は、震災当時横浜にいた村上龍がそのときの情景を淡々と述べるところから始まります。
略奪や混乱がないと世界中で賞賛され勇敢な救助活動がおこなわれている陰には、自己中心的な買いだめもおこっていることも述べられています。
そして、最後を次のように結んでいます。

But for all we’ve lost, hope is in fact one thing we Japanese have regained.
The great earthquake and tsunami have robbed us of many lives and resources.
But we who were so intoxicated with our own prosperity have once again planted the seed of hope.
So I choose to believe.

私たち日本人は全てを失った代わりに希望を取り戻した。
大地震と津波は、私たちの多くの命と資源を奪い去った。
だが、繁栄に心を奪われていた私たちのなかにもう一度希望の種を植え付けた。
だから私は信じていく。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-03-19 20:32 | その他
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30