SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

プロフェッショナルであること

松田聖子に見るプロフェッショナル

今日は診療や用事を済ませ、9時から松田聖子のディナーショーに妻と出かけました。
昨年に引き続き2年連続ですが、今年も素晴らしいショーを見せて頂きました。
今更、
『聖子ちゃーん』と叫ぶ歳でもないのですが、この充足感はどこからくるのでしょう。

以前、勉強していたリッツカールトンのクレドのベーシックに次のようなものがあります。

「いつも笑顔で。私たちはステージの上にいるのですから。」

ステージの上にいること、
いつも手を抜かないこと、
常にベストエフォートを出すこと・・・
それがサービスの基本です。
でも、なかなか出来ません。

有名なドラッカーの『プロフェッショナルの条件』のエッセンスは、極論すると次の2つです。
「何のためにやるのか」
 そして
「いかにそれを行うべきか」

実質90分のステージの中で、
いかに観客を楽しませ、感動させるか・・・
精一杯、歌い、踊り、おしゃべりをおこなうか、
それを彼女は汗もかかずに(動きは他のダンサーと同じなのに)、
見事にやってみせました。
おまけに、チームへの配慮も忘れません。

素晴らしいプロです・・・

30年間第一線のアイドルとして活躍しているプロフェッショナルの姿がそこにありました。

プロフェッショナルであることの凄さ、素晴らしさをあらためて感じたひとときでした

さて、明日は私のステージ・・・
勿論、舞台は医療、
どんなステージになるでしょうか。

b0102247_034751.jpg



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2010-12-06 23:57 | ホスピタリティー
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30