SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

椎間板ヘルニアの術後はお大事に

術後に陥りやすいピットフォール

今日は金曜日で慌ただしい1日ですが、最近は午後2時頃がエアポケット・・・ぽっかり時間が空きます。
おかげで20分ほど休みを頂けるようになりました。

そんな中、腰椎椎間板ヘルニアの術後のAさんが熊本医療センターを退院しクリニックにお寄りになりました。
Aさんはcombined type stenosis(脊柱管狭窄症にヘルニアを合併した状態)で、1週間前にMEDによる鏡視下手術(ヘルニア摘出+黄色靱帯切除)をおこなっています。
術前の下肢の痛みもほぼ消失し、ご夫婦でニコニコ笑顔です。
さて、今のところ順調ですが、今後のことについてお話ししました。
『調子はどうですか?』
『嘘のように調子がいいです』
『今後のご予定は?』
『事務職ですので、1週後に復職しようと思っています』
『うーん、それはもう1週延期しましょうか・・・』
『え?こんなに調子が良いのに?!』

病院で調子が良い、
リハビリでばんばんがんばっている、
だから、退院してもきっと調子がいいに違いない!
術後早期の退院後陥りやすいピットフォールの典型です。


病院での生活と家での生活は、予想より遙かに差があります。
どんなにリハビリでがんばっていても、病院の生活は家での生活に及ばないのです。
入院生活の延長として日常生活を考えると、まず間違いなく1週後に疲労性の痛みが襲ってきます。
一度持続性の痛みを感じると、それを取り戻すのは大変です。
痛みを起こすのは簡単、痛みを消し去るのは大変・・・これはいつも同じです。

術後大切なのは、持続する痛みを起こすことなく順調に日常生活に復帰すること、
そのためには、退院後の2週間、
特に最初の1週間がとても大切です。

あなたの周りで、
『術後は調子よかったのに・・・』という声を聞きませんか?

最初が肝心!
これは、いつの場合も共通の真理です。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2010-08-27 21:51 | 整形外科
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30