SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

リズムが大事

思い切ってリズムを変えよう

毎日診療をしていると診療のリズムがいい日と悪い日があるのがわかります。
今日は、午後7時から某委員会に出席のため朝から診療のペースを上げました。

朝はリズムが良かったのですが、昼頃より徐々にリズムが悪くなってきました。
午後3時頃『10分空きます!』と看護師長から言われ、短時間の休憩に上がりました。
いつもですとここで立て直すのですが、診療再開後もどんどんリズムが悪くなっていきます。
診療は順調に進んでいるのですが、なんとなくしっくりせず充実感がありません。
こういう日は診察の内容や説明も気のせいか切れ味が悪く、結果として患者満足度も低下してしまいます。

結局、診療は予定通り6時25分には終わり、紹介状を2通書いたあと委員会にも十分に間に合いました。
見かけ上は“順調な1日”でしたが、内容は“駄目な日”でした。
こうした私の疲労感はスタッフにも敏感に伝わります。
困ったものです。

さて、こうした日はどうしたらよいのでしょう?
一つの解決策としては、リズムを変えることです。

リズムが悪いのは、コンダクタークラークや診察室担当ナースなどの個々の問題ではありません。
コンダクター・ナース・私のリズムが合っていないのです。
全体の調和が取れず、ハーモニーがないのです。

思い切ってリズムを変えます。
私が変わればいいのでしょうが代わりがおらず、ナースやクラークを入れ替えてみてはどうでしょう?
そうすることでリズムが変わり、新しいハーモニーが生まれます。

この場合、大切なことは交代するスタッフに負のイメージを与えないことです。

リズムが大事_b0102247_2116213.jpg
あなたが悪いのではなく、
今日はたまたまハーモニーがなかっただけ・・・
悪いのはリズムが取れない私です。

こうしたことを委員会から帰るタクシーの中で考えました。

あなたのリズムはどうですか?


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-03-15 21:20 | CLINIC
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31