SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

なんで高くなったんだ!

院外処方が高いのは国策です

せんだメディカルクリニックでは昨年4月の移転とともに院外処方となりました。
それに伴い患者様の負担金は増えました。

本日、以前からのご高齢の患者様に『サービス過剰だから高くなった』と言われましたが、保険診療ですから日本全国どこへいっても料金は変わりません。
極端に言えば、掘建て小屋で診察しても、豪華な施設で診察しても同じ金額がかかるのです。
では、なぜ高くなったんでしょう?
それは、国が医薬分業の名の下、処方する医師と調剤する薬局を分けたからです。

院外処方をおこなうことで、医療機関には処方箋料、調剤薬局には調剤料ほかもろもろの加算がつきます。したがって、院内処方の時と比較し高くなるのです。
現在の医療経営の状況は以前もお話ししたように危機的ですから、国策に沿って医薬分業をおこなうか、院内処方をまだ薬価差益があるジェネリックに切り替えるしかありません。
ジェネリックを私はまだその安全性や薬効から完全には信用していません。
結果的に医薬分業(院外処方)を選択しました。

誤解のないようにお話ししますと、医薬分業に私は基本的に賛成です。
医師の処方の吟味や監査をおこない、きちんとした服薬指導をおこなうファーマシューティカル・ケアは大切です。超えなければいけない難関はかずかずありますが、本来患者・医療者双方にメリットのあるシステムです。

でも、デメリットもあります・・・それは、患者負担が結果として増えること。
これについて、国はきちんとした説明をしていません。
それで冒頭のような『なんで高くなったんだ!』ということになってしまいます。

こうしたシステムを決めるのは国です。
でも説明をきちんとしません。
いつもその責任は現場にくるのです。
来期改訂で詳細な領収書の交付を義務づけられました。
複雑怪奇な現在の保険請求システムをどうやって、患者様に説明しろというのでしょう?

『なんでこんなに訳のわからない領収書なんだ?』

私たちにもわかりません。
確実に言えるのはこれでまた一つ医療機関が疲弊する要因が増えたことです。

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2010-03-12 14:38 | 医療経営 | Trackback
トラックバックURL : https://ccrnet.exblog.jp/tb/12978886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30