SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

腰痛症と椎間板ヘルニア

あなたは本当にヘルニアですか?
昨日は氷雨混じりの本当に寒い1日でした。
せんだメディカルクリニックでは、まだ11月だというのにロビーは床暖房+空調というフル稼働の状態でした(午後は切ることができましたが)。
こんなふうに急に寒くなると腰痛の方が多くなります。
腰痛の傾向として面白いなと思うのは、多くの方が自分は腰椎椎間板ヘルニアと思って来院されることです。
実際には腰痛のほとんどは〝ぎっくり腰〟に代表される筋膜性腰痛(筋肉の張りによるもの)で、椎間板ヘルニアの方は少数です。
昨日も強い腰痛のため腰を伸ばすことができずに来院された患者様がおられたのですが、〝強い筋肉の緊張によるものです〟という説明をしましたら怪訝な顔をされました。
それは、〝私はこんなに痛いのに筋肉痛のはずがない〟という想いがあるからでしょう。
実際には、「ヘルニアでない=重症ではない」ということは全くなく、痛みの程度と診断名は必ずしもイコールではありません。
こうした誤解を生むのは一般に「腰痛=ヘルニア」という理解が多くなされているからです。
この方の場合、鎮痛剤と筋弛緩剤を経口+点滴で投与することで腰痛は急激に治まり、笑顔で帰宅されました。

あなたは本当にヘルニアですか?

腰痛症と椎間板ヘルニア_b0102247_2333024.jpg

詳しくは、ホームページのヘルニアのコーナーをご覧下さい
腰椎椎間板ヘルニアについて





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2009-11-18 02:13 | 整形外科
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31