SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:整形外科( 105 )

スポーツ障害について考える

野球肘の原因は肘ではない

4月も3週目に入り、スポーツ障害の子供たちが増えてきました。
11歳のお男の子、
右肘の痛みと運動制限でお父さんと共に来院されました。
1ヶ月前から肘が痛くなり、あまり動かせなくなったのです。
さて、診察してみると可動域は20〜100度、伸展・屈曲共に制限され、上腕骨内上顆に圧痛があります。
典型的な内側型野球肘です。
可動域がかなり制限されており、きちんとした治療が必要です。
XPでは上腕骨内上顆の炎症像があり、離断性骨軟骨炎を呈しています。

ここで大事なことは、野球肘の原因は肘ではないということです。
症状がでるのは肘ですが、それは結果であって原因ではないのです。

肘は被害者なのです。

野球肘の原因は、下肢の筋硬直・股関節や足関節の拘縮・肩甲骨の拘縮などにあります。
ですから、肘だけをみてもきちんとした治療はできません。
もっとも大きい原因は、肩甲骨の拘縮・足関節の背屈制限・股関節の内旋制限・ハムストリングや大腿四頭筋の拘縮です。
治療は安静(ノースロー)と拘縮のある部分のリハビリテーション、それに投球モーションの修正です。
安静だけではよくなりません。

子供たちは、病院に来るのが好きではありません。
だって、ノースローなどいろんな制限をされるから・・・
けれども、原因は別のところにあるのですから、それを修正すればもっと野球が上手くなるのです。

治療をすること=上手くなること

多くの子供たちに最初に話すこと
それは、〝上手くなるために治療をしようね!〟ということです。

スポーツ障害の多くが、悪くなった場所に原因はありません。
悪者は別のところにいます。
だから、安静だけでは治らないのです。

あなたのスポーツ障害の治療はいかがですか?





by ccr-net | 2017-04-17 22:37 | 整形外科 | Trackback

利用可能エネルギー不足をご存じ?

女性アスリートに大切な栄養管理

最近多いのが思春期の女子選手の無月経です。
疲労骨折や慢性疲労で受診する多くの選手に認められます。
すでに婦人科を受診しショートピルなどの治療を開始されている方も、不思議なことに栄養指導を受けていません。
コレって、困ったものです。

女性アスリートのこうした問題について以前からアメリカスポーツ医学会では問題にしています。
b0102247_22590400.jpeg
この女性アスリートの3主徴が、スポーツ選手の故障の原因の多くを占めています。
特に一番上の利用可能エネルギー不足が無月経や骨粗鬆症の原因にもなっています。
では、利用可能エネルギー不足とはなんでしょう?
b0102247_23025610.jpg
1日に摂取したカロリーから運動(スポーツ)で消費するエネルギーを引いたものが、利用可能エネルギーです。
この利用可能エネルギーで、体を整え、日常生活をおこない、普通に生活していくのです。

本日来院した14才の少女は、基礎代謝(じっと寝ているだけで使用するエネルギー)が約1300kcal、
実際には動くわけですから普通の人で生活係数1.5を掛けると1日に必要なエネルギー量は約2000kcalになります。
で、先ほどの利用可能エネルギーが最低この基礎代謝の1300kcalを越えていれば問題ないのですが、
ほとんどのアスリートが500kcalを切っています。
これでは体を維持できるはずがありません。

まずはキチンと食べること!
腹が減っては戦はできませぬ!!







by ccr-net | 2016-04-11 23:20 | 整形外科 | Trackback

側わん症について考えよう

側わん症検診のピットフォール

毎年この時期になると、側わん症検診での二次検診目的での受診が増えて来ます。
側わん症とは一言でいえば「背骨が曲がった状態」です。

この“背骨が曲がった状態”には2種類があります。
一つは機能性側わん症、もう一つは構築性側わん症です。

機能性側わん症は、痛みや疲労による背骨のゆがみや曲がりですから、単なる姿勢の問題です。
ですから、姿勢矯正や疼痛などの原因を取り除けばまた真っ直ぐになります。

側わん症検診が目的としているのは、構築性側わん症の検診です。

いろいろな原因で、背骨が曲がっていくので、姿勢の矯正などでは元には戻りません。
中でも、思春期におこる特発性側わん症(原因のはっきりしない側わん症)の発見が大きな目的です。
早期に特発性側わん症を発見し進行を予防すること、これが二次検診の目的です。

ところが、構築性側わん症は特発性側わん症だけではありません。

先天性側わん症や症候性側わん症があります。

先天性側わん症は名前のように先天性ですから、背骨の奇形を伴いXPで簡単に鑑別できます。
問題は症候性側わん症です。
症候性側わん症は神経性側わん症や筋原性側わん症といった神経や筋肉の異常を原因とするものがあります。
これは、前述の先天性側わん症とは全く異なりますから、MRIや神経学的検査が必要になります。
ところが、明かな麻痺や筋肉の異常が一見無い場合、症候性側わん症を見落とすことがあります。
特発性側わん症と間違うことがあるのです。


最近たまたまそういう症例に遭遇しました。
XPでの側わんの割に、見た目の側わんが強く、
“何となくへんだなあ・・・”と思い、ご家族に既往歴をあらためて尋ねました。
すると、幼少期に脳炎の既往が有り、一時期麻痺があり治療を受けられたことが判りました。

つまり、症候性側わん症を疑わなければいけません。

さっそくMRI検査で脊髄空洞症や脊髄腫瘍の有無の精査をおこなうことにしました。
筋原性側わん症を疑う場合は、電気生理学的検査や筋生検が必要になります。

側わん症検診で来院される方で、こうした症候性側わん症に遭遇することは比較的希です。
だからこそ、問診が大切なのです。

側わん症で有りながら、特発性側わん症とは対応が全く異なる症候性側わん症。
側わん症検診のピットフォールです。



大切なのは正確な診断とトリアージ

そのためには、二次検診機関の全体的なレベルアップが必須です。

ハードルが高いですが、これからの課題です。



にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-05-15 23:31 | 整形外科 | Trackback

女性アスリートの栄養管理について考えよう

疎かにされやすいスポーツ選手の栄養管理

今週は、女性アスリート(高校生)の来院が多く、その中でも栄養管理の不備による障害が目立っています。
昨日は新体操の女子が2名、今日は陸上競技の女子が2名、計4名の新患がそれに該当します。

この4名は運動能力が非常に高いのが特徴です。
では、アスリートである彼女たちに何が起こったのでしょう?

昨年10月、本blogに女性アスリートとLow Energy Availabilityという記事をアップしました。
ここで、下記について書きました。
アメリカスポーツ医学会によるFemale Athlete Triadと呼ばれる女性アスリート3主徴
1997年
 ・Disordered eating:摂食障害・Amernorrhea:無月経 ・Osteoporosis:骨粗鬆症
2007年
・low energy availability(利用可能エネルギー不足) ・Amernorrhea:無月経 ・Osteoporosis:骨粗鬆症
2014年
・low energy availability(利用可能エネルギー不足) ・Amernorrhea:無月経 ・Osteoporosis:骨粗鬆症

この中で、大切なのはlow energy availability(利用可能エネルギー不足)で、これが他の2つを決定します。
摂取するエネルギーが大切なのです。
b0102247_22222678.jpg

これは、昨年院内勉強会で私が使用したスライドです。
ジェシカ・エニスは英国の7種競技のチャンピオンでロンドンオリンピックのゴールドメダリストです。
この恵まれた身体が、好記録を生むのです。

前回も書きましたが、low energy availability(利用可能エネルギー不足)とはなんでしょう?
まずEnergy availability(利用可能エネルギー) について考えてみましょう。

【食事からとる摂取エネルギー】 − 【運動で消費されるエネルギー】 = 【利用可能エネルギー】

この利用可能エネルギーが基礎代謝や日常活動に使用できるエネルギーです。
low energy availability(利用可能エネルギー不足)とは、通常のエネルギーが賄えない状態です。
当然、これがクリアできないと無月経などの体調不良がおきます。
b0102247_22314174.jpg

45kg(除脂肪)の陸上長距離選手で考えてみました。
このカロリー、摂れているでしょうか?

今日は早速、高校陸上部の監督とお電話でお話しし、
早急に栄養管理を含めたトータルなサポート体制を整備することにしました。


腹が減っては戦が出来ぬ、

いししえからの真実です。




にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
by ccr-net | 2015-04-23 22:39 | 整形外科 | Trackback

コンパートメント症候群にご注意!

広範囲の下肢の打撲(圧挫)は要注意!

12月も半ばを過ぎ、通常診療も来週いっぱいとなりました。
そうした中で初診のスポーツ障害の方には1月5日に間に合わせて欲しいという厳しい希望もあります。
一見余裕がありそうですが実治療日数は、休日を除くと8日間しかありません。
最善を尽くしますが、あとは本人のセルフトレーニング次第でしょうか・・・

そうした中、本日卓球台を下腿に落とし受傷した中学生がみえました。
受傷は2日前、救急病院でギプスシーネ固定をされていますが、打撲した影響でかなり腫れて熱感もあります。
膝下の周径差は2cm以上あり、緊満感もあります。
けれども皮膚状態は悪くなくまだ少し余裕があります。

外傷で怖いのは実はこうした広範囲の打撲です。

安静挙上とアイシングが必須で、最悪の場合はコンパートメント症候群や筋挫滅症候群をおこします。
対応は簡単です。
念のために数日間安静位入院させ、徹底したアイシングと観察をおこなうことです。

早速、信頼できる整形外科病院に入院していただきました。
入院期間は土曜日まで、
この間さえ乗り越えれば大丈夫です。

たかが打撲・・・
その無知が多くの死を招いた阪神大震災の教訓を忘れてはいけません。





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
上のブログ村のボタンも押してね ♪
by ccr-net | 2014-12-17 22:34 | 整形外科 | Trackback

進学するアスリートのあなたに

スポーツアスリートがこの時期にしなければいけないこと

例年、この時期になるとスポーツ障害の子供達が増えてくる。
それは、野球だったりバスケットだったり、柔道だったり・・・
競技は様々だが、共通するのは中学3年生や高校3年生といった進学を控えた子が多い。

なぜ、この時期に?と思うのだが、
この時期になると学校スポーツの第1線をから退いて、
ようやく病院に来る時間ができたということなのだと理解している。


最近多いのがそうした選手達の多くが一流選手で、すでに進学が決まっていることだ。
他県の高校や大学の有名校に進学が決まっており、それに備えてメンテナンスをおこないにやってくる。
驚くのは、同世代で日本のトップクラスの選手でありながら、比較的大きな故障を抱えていることだ。
この状態でトップクラスなのであれば、故障を取り除けばどれだけ凄いのだろうと少しワクワクする。

話がそれてしまったが、
進学する貴方たちに伝えたいことがある。

それは、君たちの前にはバラ色だが厳しい未来が待っているということだ。

小学校から中学校へ、
中学校から高校へ、
高校から大学や実業団へ、
ステップが上がるたびに、競技レベルは段違いに高くなる。
スポーツの有名校ともなれば、更に厳しい。

だって、あなたと同じようなレベルの選手ばかりがそこには集まって来ているのだから・・・

b0102247_7584576.jpg


この時期にしなければいけないこと、
それは故障を治すことはもちろんだが、
そうした高いレベルの競技生活に耐えられる体を作り上げることだ。

最高のパフォーマンスを上げるためには、最高のコンディションを作らなければいけない。
もはや、才能だけではやっていけないのだ。



来年進学するあなたが、今やらなければいけないこと

それは徹底的なコンディショニングトレーニングだ

それが、あなたのバラ色の未来につながる




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-11-21 07:58 | 整形外科 | Trackback

ランナーの走りとシューズの関係

オーバープロネーションは疲労骨折を招くか

今週受診した高校生の長距離アスリート、
初診時Lisfranc関節に疼痛があり、第5中足骨基部の疲労骨折を疑い本日MRIをおこないました。
すると、立方骨の疲労骨折がおこっていました。

b0102247_22425721.jpg


長距離ランナーで中足骨の疲労骨折はよく認めますが、立方骨はクリニックでは初めてです。
走り方はオーソドックスですが、ミッドフットを中心に強い力がかかるオーバープロネーションタイプです。
履いている靴はadizero CS8です。
踵とつま先の高低差(Heel Toe Drop)の小さいどちらかというとフラットソールです。
タイプとしてはオーバープロネーションとニュートラルの両方をサポートしていますが、
H-T Dropが小さいということは、やはりニュートラルでしょうか。

*注1)オーバープロネーションタイプ:別名サポートタイプ、過内反する足でアーチが低く柔らかい
        ニュートラルタイプ:内反の度合いが少なくアーチが高く硬い

今回のケースはオーバープロネーションする選手がニュートラルを履いたためのように思えます。
専門的で難しい話のようですが、簡単にいうとシューズは人を選ぶということです。

他の人にとって良いシューズが、自分にとって最良であるとは限りません。
自分の足や走り方にあったシューズが大切なのです。


早速監督と連絡し、シューズは同じadizero Tempo5に変更して頂くようにお話ししました。
Tempo5は同じadizeroでも、少し重くオーバープロネーションにも対応しています。
他にも練習の仕方や治療法、レースの出場について等多岐にわたり、お話しは非常に長くなりました。

勿論、私達はショップではありませんから、横アーチや外側アーチの強化など多くの課題があります。

ちょっとしたシューズの選択の違いが、時として大きな障害に結びつくことがあります。
本当に、シューズ選びは難しいですね!





にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-10-23 22:44 | 整形外科 | Trackback

整形外科医であること

型にはまらない整形外科もよいのだ

今日は休み明けの外来で、例によっててんてこ舞い。
診療をなんとか7時過ぎに終え、慌ててPAD(末梢動脈疾患)研究会のコアミーティングに出かけました。
整形外科医がなんでPAD ?と言われそうですが、全くその通りです。
私以外、整形外科医はいません。

でもね、整形外科は機能を良くする外科です。
身体機能をよくすること、それが整形外科の目的です。
ということは、末梢動脈や静脈疾患は避けては通れません。
最近、すっかりはまってしまったフットケアも実はこのPADの延長線上にあります。

整形外科は、手足や体幹・脊椎ばかりを診ているわけではありません。
体の機能をよくするために、いろんな所をいろんな角度から診ているのです。

整形外科医であること、
それは私にとって医師であることなのです。

まあ、王道ではないかもしれませんが、
医師になってよかったなあ・・・と今宵も思ったのでした。
おしまい!



にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-10-14 23:22 | 整形外科 | Trackback

慢性腰痛治療のベーシック・セラピーは?

マッケンジー法市民公開講座のお知らせ

慢性の腰痛や肩こりでお悩みの方は非常に多く、当院外来を受診される約1/3に相当します。
疼痛の程度や罹患期間は異なっても、その多くが今まで幾つもの医療機関や施術院をまわってきています。
慢性腰痛に対する欧米での治療は認知行動療法が基本です。
ところがこうした認知行動療法やグループセラピーは日本ではあまりなじみがありません。

現在、私達はこうした頸や腰の慢性疼痛に対してニュージーランドのロビン・マッケンジーが考案したマッケンジー法を用いて治療をおこなっています。
マッケンジー法は非常に誤解のされやすい治療法です。
これは一時テレビや週刊誌などで取り上げられた際、腰を反らして治すという部分だけが協調されたためです。

マッケンジー法(Mckenzie Method)は、実際にはマッサージや単なる姿勢矯正法ではありません。
診断と治療、それに自己訓練(エクササイズ)を組み合わせたものです。

マッケンジー法の基本的な考え方は以下の二つです。

・一人一人に合った対処法を、高い精度で早く見極める!

・痛みを使いこなす!


さて、何のことだか判りませんよね。
例えば、2番目の『痛みを使いこなす!』とはなんでしょう?
国際マッケンジー協会日本支部のホームページでは下記のようになっています。
マッケンジー法のもう一つの特長は、その目指すところが「ただ痛みを取る」のではなく、「痛みの特長、具体的には体を守る警告信号としての役割を活かしながら、痛みに右往左往されない生活を創る」ところにあるということ。
これまでの治療法は、いかにして痛みを取るかという視点で考えられてきました。一方で、自分の健康を守るために、痛みをどのように活用するかという視点はほとんど論じられることはなかったのではないでしょうか。痛みには、自分の健康を守るという重要な側面があるのです。「痛みを使いこなす術」を提供するのがマッケンジー法なのです。

こうした意味で、マッケンジー法は認知行動療法なのです。

なんだか面白そうでしょう?

今まで、マッケンジー法は特定の医療機関や治療院でしか受けられず、一般の方には知られていませんでした。
また治療を提供できるMDTになるには高いハードルが必要でした。

今回、せんだメディカルクリニックでは国際マッケンジー協会日本支部にお願いし、
日本で初めて市民公開講座を熊本で10月4日に行って頂くこととなりました。
市民公開講座ですから、参加費も無料です。
講師は国際マッケンジー協会日本支部長の岩貞吉寛先生です。

b0102247_1781444.jpg


この機会に是非、本当のマッケンジー法を学びましょう!




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-09-28 17:08 | 整形外科 | Trackback

進化する装具

整形外科医はギプスがお好き?

先日、ハワイへサッカー合宿に行っていた小学生が骨折でやってきました。
ハワイ到着2日目で肘を骨折し上腕から手掌部までギプスシーネ固定をし、
残りの日々を見学し過ごしたようです。
そんな可哀想な子が英文の紹介状を持って来院したのは1週間前です。
骨折は関節面にかかる果上骨折で結構重症でした。
Drの紹介状ではギプス巻き込み指示でした。

すでに受傷後2週経っており、これから更にギプス固定をすると肘は固まってしまいます。
そこで、すぐに作成したのがこの装具です!
b0102247_2242578.jpg

伸展屈曲をフリーとし、手関節の回内回外制限をしています。
つまり曲げ伸ばしはできるけれど、手のひらを返せない構造になっています。
*手のひらを返すと肘の部分で動くからです。

『先生!肘が動きません。』
『2週間固定していたからね。自然に曲がるようになるよ!』
『本当??』

さて、それから1週間たち、やってきました。

『先生!動くようになりました!』
『よかったね!じゃあ、今度は手のひらが動かせるようにしよう。』

ということで、今度は手首のところで装具をカットしました。
これで、手のひらが返せるようになります。

少年は喜んでかえりましたが、この装具、実は私のオリジナルです。
継手(ヒンジの部分)も樹脂でできている超軽量です。
黒がお勧めですが、ブルーやレッド、黄色もあります。
今回は本人の希望でツートンになっています。

こうした装具の使用は、早期のリハビリテーションを可能とします。
また、ほとんどの症例で拘縮をおこしません

ギプス固定、そろそろ見直してみませんか?




にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ    にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
押してね ♪
by ccr-net | 2014-09-03 23:03 | 整形外科 | Trackback
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30