SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

礼儀と礼節

礼節を知る難しさ
松本龍復興担当相の宮城県知事に対する態度が物議をかもしています。
この様子がウオール・ストリート・ジャーナル日本版にマナーが悪いのはどっち?とちょっと面白く掲載されています。
その直後、村井知事が笑顔で現れ、松本復興相に握手を求めた。だが松本復興相は、それをぞんざいに振り払った。「お客さんが入って来るときは自分が入って来てからお客さんを呼べ」と村井知事に対してぴしゃりと言い放ち、さらに前世代の礼儀を重んじる姿勢を引き合いに出し、次のように続けた。「長幼の序がわかっている自衛隊ならやるぞ」。(「長幼の序」という言葉は現在、グーグルの日本の検索キーワード急上昇ランキングで上位にランクインされている)
侮辱されたと感じた松本復興相のいら立ちは、それでもまだ収まらず、依然県内で議論のまとまっていない復興関連の県の要求事項についても、「県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。ちゃんとやれ」としかり飛ばした。
だが、ここで周囲の緊張感を察した松本復興相は、報道陣がその場にいたことから、そのままではまずいと感じたようで、「今のはオフレコです。書いたらその社は終わりだから」と報道陣に向かって言った。
俄に信じがたいような話ですが、YouTubeをみるとまさに凄いの一言!!



おまけに『九州生まれのB型だから語気荒い』と言ったものですから、B型九州人の我が家の妻も怒っています。
さて、この話、どこに問題があるのかというと、かの人には『礼節』がないのです。

ここで礼儀と礼節について調べてみました。
デジタル大辞泉では下記のようになっています。
礼儀:人間関係や社会生活の秩序を維持するために人が守るべき行動様式。特に、敬意を表す作法
礼節:礼儀と節度。

これではよくわかりません。
Yahoo知恵袋で調べて見ると次のように書かれています。
相手を尊敬し、自分を謙遜し、行いを丁寧にすることが「礼」です。この「礼」を時に即し、場合に応じて、自分の行動ができるように、わきまえる事が「節」です。「礼節」を知って初めて一人前の人間といえるのです。と言うことです
きわめて明快な答えです。
今回の復興担当相の言動にはこの礼も節もなかったことになります。
それで前述のWSJのような『マナーが悪いのはどっち?』という記事になるのでしょう。

先日クリニックに見学者(2名の事務の方)がおみえになりました。
事前の連絡はぼろぼろ、経営者や上司からの依頼状もなく1本の当人たちからの電話のみ。
来院時もきちんとした挨拶もできず名刺も所有せず・・・
でもこの方たちにはハートがありました。
施設見学をする場合の礼儀作法をご存じないだけで、礼はあったような気がします。
失礼な言い方ですが、教育が悪いだけで本人たちに責任はないのです。

礼儀と礼節・・・
私たち日本人の基本です。
今回の騒動で多くの日本人がそれを忘れていないことが明らかになりました。
やはり日本は礼節の国ですね。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
Please click me
by ccr-net | 2011-07-04 21:16 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://ccrnet.exblog.jp/tb/15885031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31