SENDA MEDICAL CLINIC BLOG

ccrnet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

腕神経叢麻痺のリハビリテーション

麻痺症例のリハビリテーションの難しさ
本日、腕神経叢麻痺症例のご紹介をいただきました。
腕神経叢(わんしんけいそう)とは脊髄から分岐し頸部・肩・鎖骨・上腕・前腕・手へ繋がる神経叢です。
この神経叢は第5頚神経~第1胸神経(C5〜T1)から構成されています。
今回の症例は、腕神経叢への腫瘍転移によるもので、上位型のC5・C6麻痺があるタイプです。
従って、肩の挙上・外転、肘の屈曲ができません。
筋力評価では2-としました。
残存筋力がある程度あるので、リハビリの適応はあるのですが、厳しいのはC5・C6の両方が麻痺していることです。
専門的な話ですので少し難しいですが、例えば肘を屈曲させる筋肉は2つあります。
一つは上腕二頭筋、もう一つは腕橈骨筋です。
前者はC5支配、後者はC6支配です。
従ってどちらか片方がやられても、もう片方の働きで代用ができます。
今回は両方やられていますので、代用ができません。
従って、どうやって残存筋力を強化していくのかという筋力強化訓練と、他の動作で代用させるかという代用動作訓練を必要とします。
本日から、取り敢えずステレオダイネーターによる筋力強化を始めました。
同時に作業療法士によるリハビリテーションをおこなっていく予定です。
b0102247_21515373.gif


あせらずじっくり・・・
先は長そうです。









にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
by ccr-net | 2009-12-15 21:27 | 整形外科 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://ccrnet.exblog.jp/tb/12504475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 転職求人 at 2009-12-15 22:18
タイトル : 鹿児島の作業療法士の求人
鹿児島で作業療法士の求人についてです。作業療法士いわゆるOTの... more
line

医療と健康について


by ccr-net
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30